マイケル・サンデル教授の白熱教室2018の再放送があります。その中の第2回「AIは最適な恋人探せるか」という番組を以前放送されたのを見て、留学の出来事を思い出しました。

kazu

留学中にたくさん失敗をしましたが、日本に帰ってくるといい思い出になっていることに気づきました。

マイケル・サンデル教授の番組を見ていて、この理由がよくわかりました。この部分を紹介していきます。

※3分ほどで読み終わる記事です。留学に行って本当に良かった理由についてよくわかったので記事にしています。

この記事を書いているのは…

僕は現在TOEIC905点を持ち日常会話が問題なく話せるようになりました。大学生向けの大きな英語学校でアドバイザーをしていたこともあります。その時は、TOEIC900点を超える担当生徒がかなりいました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。笑

間違いや失敗は人生に価値を与える?留学で得られる貴重な失敗体験

マイケル・サンデル教授

マイケル・サンデル教授は、アメリカ合衆国の哲学者、政治哲学者、倫理学者で、ハーバード大学の教授です。

マイケル・サンデル教授のハーバード大学での講義が初めてテレビで放送され、大きな話題になりました。講義では例題や実例を取り上げ、学生には難題を投げかけます。その意見から議論を引き出し、マイケル・サンデ教授ルの理論を展開する番組でした。日本でも「白熱教室」という題名で放送されています。

今回はその「白熱教室」の別バージョンです。その中の第2回「AIは最適な恋人を探せるか」という部分をみていきます。

白熱教室2018「AIは最適な恋人を探せるか」

「居心地の悪い経験が自分を強くしている」という話がありました。

全編の動画はこちらからどうぞ(今回取り上げている部分は40:50~)…(注)いつ消えるかわかりません。

デジタルアバター議論の最終部分

ヒトの情報をSNSなどから集めて、ネット上に分身をつくり、仮想世界で永遠に生き続ける試みがあるそう。これによりヒトが亡くなったとしても、家族や友人と話すことが可能になる。

これに対する意見で、起業家のティファニー・ユーさんの発言がとても刺さりました。

彼女は若い時に父親を失いました。このツラい経験が彼女の人生・人格に影響を与えました。もし、デジタルアバターという形でお父さんが亡くなったあとも、話すことができたとしたら・・・。彼女の苦しみや葛藤といった、ツラい体験が無になってしまうのではないか。

嫌なものだからってなくなっていいのか?

デジタルアバターは、心を痛めたり、心地悪さを感じるチャンスを奪ってしまう。それは一見、幸せのように見えるが、実は人生が色あせてしまうことにつながるのではないか。トラウマがあったとしても、このトラウマこそが味わい深い人生につながっているのではないか。

このような内容です。

不思議なもので、当たり前のものに対するありがたみはわかりにくいものです。僕は留学した時はじめて、日本の良さを実感しました。東京にいることによる便利な生活。清潔な環境。これは、不便さを感じて初めてわかった感覚です。

こうしたことをマイケル・サンデル教授の番組を見ていて感じることができました。

どうようもない経験

留学中、正直、深く傷つく経験もしました。人生で初めてマイノリティである、という経験もありました。ですが、この経験のおかげで、人の痛みをさらに理解できるようになったと思っています。

日本での生活は、自分でコントロールできていると思っていました。実際にそんなことはないのかもしれないですが、日本での生活はどうにかなっていました。

ですがアメリカではそういうわけにはいかないことばかり…。

留学費用はできるだけ多く用意したとはいえ、予想外の支払いもありました。とくに予想外だったのが、ピッツバーグからニューヨークに引っ越したことです。僕は自分で引っ越したこともなかったのに、アメリカで初めての引っ越しの体験です。

正直恐ろしかったですが、やるしかなかったのでしょうがありません。もちろんいろんな友人に助けてもらいましたが、どんな家があるかわからない状況で言語が不安定なニューヨークに行くのは恐怖でしかなかったです。

でもそんな経験を乗り越えた今、本当に強くなったように思います。

だからこそ留学してよかったと心から思います。

kazu

ツラい経験と人間について、マイケル・サンデル教授の授業からかなり理解できたので、この話を取り上げました。
ありがとうございました。