kazu

最近友人から劇団四季のオーディションに挑戦したいからアドバイスちょうだい!

と相談を受けました。

これはブログにしたらおもしろいかも、と思い書いています。

めがね

「舞台に出たいけど、出演する方法がわからない。」

こうした悩みを持つ方に向けた内容になっています。

※1分ほどで読み終わる記事です。モダンダンス、コンテンポラリーダンスについてよくわかる記事になっています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。レッスンを受けるのが大好きで、ひたすら踊りまくっていました。今もレッスンは継続中でフリーのダンサーとして活動中です。

舞台への道。劇団四季のオーディションでチャンスを

正団員にオーディションに合格

僕は2010年に劇団四季の正団員のオーディションに合格。その時は1,600人ほど応募し正団員の合格は16人程度、研究生が50人程度でした。

kazu

正団員に合格したのは今考えると奇跡ですが、いろんな作戦を立てて挑戦しました。

豆粒ですが、この中に僕も写っています。当時好きだった服を着ていてすごく懐かしいです。

オーディションでは目立つべし!!

というセオリーがあるんですが、僕は一番端の後ろから3番目にいてあぐらをかいています。笑

舞台に出演する方法がわからない方へ

日本で芸能関係の仕事を得るためには基本的には芸能事務所に所属する必要があります。というのも、舞台、テレビ、映画のオーディションの情報は芸能事務所にまず流れます。そして、芸能事務所が適任と思う人材を推薦し、オーディションを受けさせるというのが一般的です。

こうしたオーディション情報はよっぽど人材が足りないという場合を除き、普通では見つけることはできません。芸能プロダクションは数多くありますが、どの事務所が良くてどの事務所が怪しいかの判断はかなり難しい部分があります。大手の事務所にいると大舞台のチャンスは多くあります。ですが、競争がかなり激しく仕事がぜんぜん回ってこないというのが現実。逆に、小さいプロダクションだとそもそも大きな仕事が来ないということ問題があります。

そんな中、誰でも受けることができるオーディションを開催しているのが劇団四季です。若い世代でも主役になれるチャンスはかなり高いです。来年度は「アナと雪の女王」のミュージカルも上演されます。ブロードウェイの作品に出演できるチャンスが得られるのが劇団四季の大きな特徴です!


劇団四季:ディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』:2019年プロモーションVTR

舞台に出たいけど、出る方法がわからない。そうした悩みを持つ方はぜひ挑戦してみてください。

劇団四季のオーディションとは?

劇団四季では毎年秋あたりに正団員のオーディションと、研究生という正団員候補生のオーディションがあります。

団員の場合は、合格するとすぐに舞台に出演するチャンスがあり、研究生は1年間のレッスンを重ねることで舞台に立つチャンスが得られます。研究生は年齢制限があるので注意が必要です。

とはいえ僕の同期で研究生で入っていても、半年もしないうちに舞台に立っている仲間もたくさんいました。

なのでどちらで入ったとしても大きな違いはないと思います。

演技、歌(クラシック、ポピュラー)、ダンス(バレエ、ジャズ)の3部門からエントリー

正団員のオーディションでは、この3部門の中からひとつを選んでオーディションを受けます。全部審査されることはあまりなく、自分の選んだ部門だけの審査の場合もあります。

僕が受けたときは、ダンスと歌の審査がありました。

書類審査、1次審査(予選)、2次審査(本選)

審査は3回あります。

まず突破しなければいけないのは書類審査です。この時点でかなり削られます。多くても200人~300人くらいまでに絞られてしまうと思います。

そして1次審査(予選)です。友人から聞いた情報だと2019年度、ジャズダンスの男性は12名しか進んでいなかったそうです・・・。少ない!!

そして、2次審査(本選)です。2019年度ジャズダンサーの男性で本選に進めたのはたった3人だったそうです。ここから最後の審査があるので、合格が1人、2人のこともあるし、該当なしということもありえます。

最後に合格通知が手紙で届き、そこで晴れて団員の道が見えてきます!!

僕も合格通知を受け取ったときは本当に嬉しかったのを覚えています。今でも合格通知は捨てることができません。

kazu

今後は、劇団四季に合格する、そしてテーマパークのダンサーに合格するための記事も書いていきたいと思います。
どうもありがとうございました!!