水素に興味を持つ人の多くは、美容目的です。特に女性から注目されている水素。でも男性にもおススメです。

kazu

水素はカラダのいろいろな不調に一気にアプローチするので、ついでに美容効果も得ることでできます。

今回は「男性、女性ともに効果がある水素の美容効果」についてをご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。水素がなぜ美容にいいのかわかります。

記事を書いているのは…

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。水素を効率的に身体に吸収できる「スイソニア」で毎日90分水素吸入を行っています。そのおかげか、水素吸入を始めてから風邪知らず!

水素がもたらす8つの美容効果。ニキビ、加齢臭、抜け毛にも

成長ホルモンで肌の再生を活性化

水素を身体に取り入れると成長ホルモンの分泌が促進されることがわかっています。

水素サプリメント、水素水、水素吸入、水素風呂を行った方の感想で、「肌が若くなった」「頭がスッキリした」「疲れにくい身体になった」といった声をよく聞きます。こうした感想は、成長ホルモンによるものだと考えられています。

また、アンチエイジング(老化防止)にも効果を発揮しています。特に「抗酸化(身体がサビる酸化を抑える)」「抗炎症」「代謝促進」の効果により、老化を遅らせる効果が報告されています。

肌の若返り

日中、顔はつねに紫外線にあたっています。すると皮膚が厚く、硬くなっていきます。紫外線は肌の内部にまで浸透し、DNAを傷つけ、肌の再生能力を奪っていってしまいます。

肌の老化の80%の原因が紫外線からの刺激と言われています。肌に紫外線があたると、悪玉活性酸素が生まれます。この悪玉活性酸素がDNAを傷つけてしまうのです。

水素はこの悪玉活性酸素を除去する働きがあるため、紫外線からのダメージを軽減する効果があります。そのため、肌が若返っていきます。

シワやたるみの改善

40歳をさかいに抗酸化力はどんどん落ちてしまいます。肌に大切な「コラーゲン」も年齢により、硬化・酸化してしまいます。シワの原因はコラーゲンが変な位置で固まってしまうこと。このシワが、肌を支えきれなくなると「たるみ」につながります。

水素は酸化を抑え、弾力のある肌を守り、シワ・たるみを予防する力があります。らに、コラーゲンを再生・再構築する、という研究結果も発表されました。

ニキビ改善

ニキビ

毛穴に皮脂や角質がたまり、酸素や紫外線により、皮脂や角質が酸化すると「ニキビ」になってしまいます。

赤ニキビ:炎症を伴うニキビ
黒ニキビ:変色し黒くなるニキビ
クレーター:炎症が長引くと周りの組織まで巻き込んで破壊してしまうため、クレーターになってしまいます

水素はニキビの悪化を防いでくれるといわれます。ニキビの原因は生活習慣によるものが多いため、水素はニキビの初期症状にはあまり効果を発揮しません。

ですが、赤ニキビが出来た時に水素水で顔を洗うと炎症が抑えられたり、黒ニキビが出来た時に水素吸入をすると色が消失していきます。

「ニキビ跡になりにくい」として水素は注目されています。

加齢臭が気にならなくなる

歳を重ねるとでてくる加齢臭。やっかいなのは、他人の加齢臭に気づいても、自分の加齢臭にはなかなか気づかないことです。

においはとてもデリケートな問題で、いざ注意しようと思っても、面と向かって指摘するのは、かなり勇気がいると思います。

kazu

僕自身もぜったいに注意することはありません。

指摘しないことの方が圧倒的に多く、「本人だけがずっと気づいていない」というパターンが多くなっています・・・。

加齢臭の原因は、皮脂の酸化です。皮脂は酸化しやすく、悪玉活性酸素と結びつくとすぐに酸化しニオイが発生してしまいます。

実は水素を身体に取り入れると加齢臭が軽減されることが多いです。特に、男性の加齢臭は軽減されやすいので、においに気を付けている方は、ぜひ水素を摂取してみてください。

抜け毛、白髪予防

頭皮は皮脂がかなり多い部位です。この皮脂が酸化してしまうと抜け毛につながってしまいます。

また、髪の毛を黒くするメラノサイトの働きが悪玉活性酸素に邪魔されてしまうと、髪の毛に色がつかなくなってしまいます。白髪は本来透明で、光の反射で白く見えています。

水素は皮脂の酸化をおさえ、抜け毛を予防します。また、メラノサイトを活性化させる働きがあり、白髪を予防することもできます。

アレルギー症状の軽減

アレルギー症状は病気にふくまれますが、アトピー性皮膚炎など肌にかかわる病気も多いため、美容編で紹介します。

アレルギー

アレルギーは免疫システムのバランスが崩れると重症化していきます。

本来、免疫はカラダの異物にたいして攻撃をしかけます。この攻撃力が強くなりすぎるとアレルギー症状がでてきます。

その症状は、炎症作用です。肌が赤くなる症状は、この炎症から来ています。抗アレルギー薬は、この反応を遮断します。一方、水素は免疫が過剰に働くのをおさえる役割があります。

水素は炎症にたいして高い効果を発揮するといわれる理由です。

代謝改善によるダイエット効果

まずはじめに、水素にダイエット効果があるわけではありません。代謝をスムーズに働かせる作用により、「ダイエットしやすいカラダ」に変化させてくれます。

体重がふえると、脂肪が蓄積されてしまいます。ダイエットでは、この脂肪をどう燃焼させていくかがポイントになります。

細胞が酸化で劣化したり、炎症が進むと、脂肪燃焼のシステムがうまく機能しなくなっていきます。水素はこの酸化と炎症をしずめる効果があります。

ダイエットは生活改善がとても重要ですが、蓄積されたサビを落とすことも重要です。水素はサビをとるパワーがあり、とても注目されています。

【番外編】青色LEDに注意

青色LEDは「ブルーライト」のことで、注意が必要です。

パソコンやスマホのブルーライトが身体に悪いことはとても有名です。そのため、ブルーライトをカットしたメガネが定番商品となっています。ブルーライトは目の細胞を破壊し、眼精疲労をひきおこします。

また、肌にも悪影響であることもわかっています。ブルーライトを浴びてしまうと、悪玉活性酸素が大量に発生してしまうので、注意してください。現在は、「紫外線よりもブルーライトの方がダメージが強いのではないか」と言っている専門家もいます。

水素を摂取するオススメの方法

いろいろな効果を紹介しましたが、やはり体験してみないとわからないと思います。一度でいろいろな症状に働きかける水素です。

悪玉活性酸素が増えてしまった場合は、とりのぞく努力が必要です。水素がここで効果を発揮します。水素は副作用なく悪玉活性酸素をとりのぞいてくれます。

参考文献「なぜ水素で細胞から若返るのか」辻直樹著
参考文献『「水素」吸入健康法』橋本勝之著

kazu

今回は水素の持つ美容効果についてお伝えしました。