ペットの健康は非常に気になるところだと思います。

kazu

内臓系の病気を持っているペットたちも多く心配です。

水素はひとつの解決策となり得るため、今回はペットと水素についてご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。ペットにあった水素がわかると思います。

記事を書いているのは…

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。水素を効率的に身体に吸収できる「スイソニア」で毎日90分水素吸入を行っています。そのおかげか、水素吸入を始めてから風邪知らず!

ペットと水素で健康生活。愛犬専用の水素水も登場

ペットも体が酸化する

人間の老化の原因は、身体がサビる「酸化」です。同様にペットたちも呼吸をしますので、「酸化」が起こっています。細胞の「酸化」が進むことでペットたちも「老化」も進んでいってしまいます。

飼い犬の老化の症状

・毛の艶がなくなってきた
・毛量が減った
・口臭が気になる
・目ヤニが増えた

老化が進むことで、さまざまな病気のリスクが高くなります。

できるだけ健康で長生きしてほしい。これは飼い主の皆さんの願いだと思います。きっと毎日触れ合っている愛犬のことは飼い主さんが一番理解していると思います。スキンシップをした時に、何かおかしいところがあれば気になってしまうはずです。

予防医学:愛犬用サプリメント

実は動物の予防医学もどんどん進んでいます。いろいろなサプリメントも登場し、ペットたちがサプリメントを摂ることが当たり前になってきました。

人間が使うようなサプリメントを当たり前にペットたちにあげる時代になりました。

ペットに水素は有効か?

最初に触れた通りペットたちも呼吸によって、悪玉活性酸素を体内で作り出しています。つまり人間同様、活性酸素を除去するために水素が有効です。

ペットたちは、人間が想像している以上にストレスにさらされています。制限が多く、特に運動不足は大きなストレスです。ストレスにより、病気の原因となる悪玉活性酸素が多く生まれてしまいます。

さらに、体内に悪玉活性酸素を抑える抗酸化物質が少ないため、人間より寿命が短いとも言われています。

毎日の飲み水を水素水に変えると、悪玉活性酸素を抑え病気を未然に防げる可能性が高いといわれています。

水素水によるペットへの効果

・毛がふさふさに
・毛並みが豊かに
・痒みの軽減
・カサカサ肌の改善
・ニオイの軽減
・散歩に行けるようになった

こういった報告が多くの飼い主からされています。

気になる症状がある場合は、1ヶ月から始めてみてください。

愛犬に水素水を与える時の注意点

ミネラル分が少ないものを選ぶ!・・・どうやら関係なかったようです。

⇒腎臓が悪い飼い犬にミネラルを含んだ水を与えると、ナトリウムなどが蓄積し、死に至ることがあるので、必ず注意してください。

軟水が良い

人間にとってアルカリ性は胃酸に有効と言われていますが、飼い犬にあげるのは避けた方がいいと思います。・・・犬の遺伝的な体質によるとのことで、問題はほぼないそうです。

これは愛猫も同様です。

1日に与える量は??

水素水に副作用はないので、基本的にどれだけ飲ませても大丈夫です。ですが、それでは金銭的に大変だと思います。

・小型犬・・・200mlから300ml
・中型犬・・・300ml
・大型犬・・・500ml
こちらが目安となっています。

水素水は贅沢な気はしますが、大事なペットたち。できるだけ長生きしてほしい。ストレスの軽減にぜひ水素水を活用してみてください。

水素バスはペットが入って大丈夫??

今回は愛犬ではなく、お風呂に入るペット全員に共通する話題です。

水素風呂はペットが入っても何も問題ありません。というより、効果がかなり期待できます。

水素バスに入浴すると、皮膚の表面から毛細血管を通り、水素が細胞の隅々まで行き渡ります。発生した水素は、ガスとしても発生するので呼吸でも体内に入っていきます。

皮膚に気になる症状がある場合は、直接働きかけることができる水素バスはとても効果的です。

水素風呂の効果

・毛並みが豊かに
・肌質の改善
・元気になった
といった報告がされています。

水素バスは ➀入浴剤タイプ と ②電気で水素を発生させるタイプ があります。

価格は2,500円で30回ほど使えます。1回83円ほどの計算です。

壊れない限り使い続けられるお風呂に入れるタイプの水素発生器です。値段は38,500円。

水素風呂はふつうの水道水でOKです!

【費用】

水素バスは
・入浴剤タイプで 1回 400円~500円程度。
・電気で水素を発生するタイプは 1台 40,000円ほどかかります。

家族全員で使える!

水素風呂は飼い主も一緒に使えます。

水素入浴剤はだいたい6時間ほどキープできるといわれていますので、家族全員で水素生活するのは非常にいいツールともいえます。

大事な家族の一員であるペットとどう向き合うか。動物の権利も厳しくなっていますので、何を飲ませるか、どんなお風呂にいれるか、何を食べさせるか。

kazu

今回はペットと水素についての記事でした。