水素がもたらす健康効果として美容、ケガ、病気の3つをご紹介しています。

水素をカラダに取り入れることで健康に近づいていきますが、注意点があります。今回は水素の注意点をご紹介します。

※1分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むとなぜ生活改善が必要かわかります。

記事を書いているのは…

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。水素を効率的に身体に吸収できる「スイソニア」で毎日90分水素吸入を行っています。そのおかげか、水素吸入を始めてから風邪知らず!

水素吸入、水素水、水素風呂、水素サプリメントの注意点

健康を見直すことも必要です

水素 = 活性酸素の減少

水素は、特に睡眠不足の人に効果があり、頭がスッキリすると思います。というのも、水素は脳内に入り、悪玉活性酸素を除去することができるからです。

とはいえ、人間も睡眠中、自分自身で脳に蓄積された1日の老廃物を掃除しています。睡眠不足だと掃除する時間が足りなくなってしまいます。水素が睡眠不足に効果があるのはこのためです。

理想的な睡眠時間は7時間。なかなか大変だと思います。

ですが、睡眠時間をしっかり取ることができればカラダの活性酸素の量が低くなります。

質の良い睡眠とは?

睡眠の直前に食事をしない。これは結構重要です。

というのも、眠り始めの90分は「成長ホルモン」が1番分泌されることがわかっています。この時におなかの中に食べ物があると、カラダは消化にパワーを使ってしまいます。これでは「成長ホルモン」の分泌が抑制されてしまいます。

睡眠の補足説明

最近は睡眠の研究が盛んに行われています。

夜10時から朝2時までがゴールデンタイムと言われていました。また、睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルである90分区切りにするとイイという話。

実は、両方ともあまり関係ないようです。どんな時間に寝ても基本的にはゴールデンタイムが訪れるそうです。こちらの本を参考にしました。

水素は糖化にはあまり効果がない

老化の主な原因は3つあります。

老化の3つの原因

「酸化」
「糖化」
「炎症」

水素は「抗酸化」「抗炎症」に働きかけていきますが、「糖化」に効果はありません。「糖化」に関しては、生活改善が必要になってきます。

改善する内容

・暴飲暴食を控える
・お酒を飲みすぎない
・たばこをやめる
・糖分をとりすぎない

こうした努力と、水素セラピーを組み合わせることで、水素の効果が最大限に発揮され、老化にアタックしていきます。

参考文献「なぜ水素で細胞から若返るのか」辻直樹著

kazu

目的によってアプローチを変えていくことが重要で、水素セラピーを始めるときは、ぜひ同時に生活習慣の改善も行っていきましょう!