jazz

「キャッツ」の主人公のバレリーナは誰?
フランチェスカ・ヘイワードはどんなキャリア?
キャッツのヴィクトリアってどんな役?

キャッツの予告編をみてフランチェスカ・ヘイワードが気になった方たくさんいるんじゃないでしょうか?
僕はもともとフランチェスカ・ヘイワードを知っていたので、キャッツに出演することになり、すごく楽しみにしていました。

映画版キャッツの公開に先駆け、主演のフランチェスカ・ヘイワードと監督のトム・フーパーが来日しました。フランチェスカ・ヘイワードは美人かつ、踊りも魅力的なので、誰なんだろうと思う人もたくさんいると思います。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は「キャッツの主人公ヴィクトリアを演じるフランチェスカ・ヘイワード」をご紹介します。この記事では踊りの映像や、踊っている姿をじっさいに観る方法もご紹介します。

※3分ほどで読み終わる記事です。フランチェスカ・ヘイワードのことがよくわかると思います。

フランチェスカ・ヘイワードって知ってる?

イギリス名門バレエ団のトップダンサー

フランチェスカ・ヘイワード(Francesca Hayward)は、イギリスで1番のバレエ団である「英国ロイヤル・バレエ団」のプリンシパルです。プリンシパルとは一番上の階級の名称で、公演では常に主役級の役を踊ります。およそ100名ほどいるバレエ団の中でも男性女性合わせて、16人しかいません(ゲストダンサーを除く)。

ロイヤル・バレエ団での紹介ページでは、今まで踊った役を見ることができます。Francesca Hayward — People — Royal Opera House

2016年、23歳の時にプリンシパルに昇進。この時、日本人の高田茜さんと平野亮一さん、そしてアレクサンダー・キャンベルの4人が同時に昇進し、日本でもニュースになりました。

アレクサンダー・キャンベル、フランチェスカ・ヘイワード、平野亮一さん、高田茜さんがプリンシパルに昇進

左からアレクサンダー・キャンベル、フランチェスカ・ヘイワード、平野亮一さん、高田茜さん

Photographed by Andrej Uspenski

23歳でプリンシパルに

外見からもわかるように、フランチェスカ・ヘイワードは黒人のルーツを持つバレリーナ(お父さんがイギリス人、お母さんがケニア人)です。誤解を恐れず言うと、バレエ界で黒人のダンサーがトップまで行くのは、アジア人と比較にならないくらいとても難しいことです。

それだけ珍しいので、とても目立ちます。フランチェスカ・ヘイワードの場合は、いい意味でとても目立つダンサーです。身長は158cmほどで、バレエダンサーとしては小さいですが舞台にいるとすぐに目が行きます。舞台人として華があるダンサーなので、23歳でプリンシパルに昇進したのも納得です。

kazu

僕の印象は、静謐せいひつなダンサー。

静謐(静かで安らかなこと)は普通、人に使うことはない表現ですが、この静謐という2文字がとても似合います。身長がとても小さいのに、すごく大人びた印象があります。舞台でキャピキャピしているイメージはまったくなく、いつもどこか影を感させます。でも踊りへの情熱は伝わりますし、芯にある強さを感じます。

kazu

ここからはプチ情報です。

愛称は「フランキー」。恋人は同じくロイヤル・バレエ団でキャラクタープリンシパルを務めるトーマス・ホワイトヘッドです。17歳の年の差があります。

バレエでは王様、お父さん役のような「踊りよりも演技力が必要な役」があります。その役を演じるダンサーのことをキャラクターダンサーと呼び、キャラクタープリンシパルは一番上の階級のキャラクターダンサーです。

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Whitehead(@tgw75)がシェアした投稿

女優バレリーナ

僕も数回舞台を観たことがありますが、エキゾチックな雰囲気を持つダンサーで、とても演技力のあるダンサーだと思います。フランチェスカ・ヘイワードが所属するロイヤル・バレエ団は、演劇的なバレエ団と言われています。踊りのテクニックだけでなく、演技センスに長けたダンサーが揃っています。

フランチェスカ・ヘイワードの当たり役は演劇的バレエといわれる「ロミオとジュリエット」のジュリエットや、「マノン」です。マノンでは、入団2年目か3年目あたりに主役に抜擢され、とても評判のいい舞台となりました。特にこの2作品は、演劇センスが求められる作品です。

実はフランチェスカ・ヘイワードにとって、キャッツが初めての映画出演です。こうした舞台経験から、すんなり映画の撮影ができたんじゃないかと思います。


Cats (2019) – Three Featurette Compilation [4K Ultra HD]

エンターテインメント業界のいろいろなトップが集まっている、という内容です。キャッツ本番の映像よりも、普段着で行うリハーサルの方が少し魅力的に見えてしまう映像です。

キャッツの白猫ヴィクトリアとは?

今回、フランチェスカ・ヘイワードが演じる白猫のヴィクトリア。

kazu

僕が劇団四季にいたときも人気の作品でした。

全身が真っ白の猫でどこにいてもすぐに見つけることができます。そして、歌のソロはありません。

歌よりも踊りが優先される役で、バレリーナが配役されることが多いです。特に冒頭にヴィクトリアの美しいソロがあります。月明かりの元、美しいポーズの連続が続きます。こちらは過去の舞台版の映像です。

映画版のキャッツでは、ヴィクトリアのキャラクター設定が舞台版とは異なります。そして、ヴィクトリアのための歌「Beautiful Ghosts」が新たに書き下ろされていることも大きな違いです。この曲は、キャッツのオリジナルの作曲家のアンドリュー・ロイド=ウェバーとテイラースウィフトによる合作です。

映画版ではフランチェスカ・ヘイワードが歌声を披露しています。最初、フランチェスカ・ヘイワードが配役されたと聞いたとき、すごくピッタリだと思いました。しかも、歌を聞けるとは思わなかったので、すごく嬉しかったです!

名だたる歌手に囲まれて、ダンサーのフランチェスカ・ヘイワードがソロを歌っているので、要注目です。

スクリーンで!

日本では「ロミオとジュリエット」の公開が控えています。2020年3月6日(金)からTOHOシネマズシャンテ他で、全国ロードショーが始まります。バレエ版の「ロミオとジュリエット」をそのままイタリアの街で撮ったもので、バレエファンの間ではすごく話題になっています。

こちらはマルセリーノ・サンベとの「ロミオとジュリエット」のリハーサルの映像です。

この投稿をInstagramで見る

 

Francesca Hayward(@frankiegoestohayward)がシェアした投稿

本人の踊りを観るチャンスあり

2019年ロイヤル・バレエ団が来日公演を行いました。フランチェスカ・ヘイワードもその時来日していました。僕が観に行った日には残念ながら出演者していませんでした。

ロイヤル・バレエ団は日本でも人気があるので3年に1度くらいのペースで日本公演を行っています。ですので、次は2022年あたりに、生の舞台を日本で見るチャンスはあります!!

またこれからは映像作品の収録もたくさん行われると予想できるので、気軽に観られる機会も増えていくと信じています。とりあえず今は、「キャッツ」とバレエ映画版「ロミオとジュリエット」を観に行きたいと思います!!

ネットでダンス三昧

とはいえ、いきなり生で観に行くのは難しいという場合は、ネットで予習しましょう。豊富なコンテンツ量をもつ「U-NEXT」と「Amazon Prime」を駆使するとダンス作品もあります。

U-NEXT 31日間無料体験を試す
U-NEXT30日間無料体験

Amazon Prime 30日間無料体験を試す
amazon prime 30日間無料

kazu

今回は「フランチェスカ・ヘイワードのご紹介」でした。
ありがとうございました。