f:id:pegastudio:20181017112336j:plain

 人間の体内でも水素が発生していることがわかっています。中でも腸内細菌と水素の関係が解明されてきています。腸から発生した水素が成長ホルモンに刺激を与えていることがわかってきました。

 

  • グレリン
  • 水素が胃の中で豊富に発生すると…
  • 水素は間接的に効果を発揮する!!
  • 成長ホルモンの役割
  • 成長ホルモンとは?

     成長ホルモンは子どもから大人になる際、骨の伸長や筋肉の成長を促進する役割があります。もちろん大人になってからも重要な役割があり、大きく2つに分けることができます。

    ① 細胞に働きかけて身体を作る

     骨、筋肉、心臓などの全身の臓器でタンパク質の合成を促進し、細胞増殖に成長ホルモンが使われています。この働きによって、骨や筋肉、臓器が発達し維持されています。

    ② 代謝を調節して健康的な身体を作る

     糖質や脂質の代謝を調節し、身体のエネルギー源となる糖質や、身体に蓄える脂肪のバランスを保っています。また、身体の老化を防ぐ働きもあります。そのため、成長ホルモンが増加することでアンチエイジングの効果があります。

     最近では加圧トレーニングで成長ホルモンを増加させたり、成長ホルモンを投与するアンチエイジングの治療が行われています。

    グレリン

     グレリンというホルモン物質を知っているでしょうか?

    グレリンが成長ホルモンを刺激する

    ⇒ 胃粘液に存在する
    ⇒ 空腹になると、食欲増進と成長ホルモンを強力に刺激する!

    水素が胃の中で豊富に発生すると…

    水素が胃に到達
    ⇓⇓
    グレリンが増強
    ⇓⇓⇓
    成長ホルモンが増加
    ⇓⇓⇓
    血中の成長ホルモンも増加
    ⇓⇓⇓⇓
    成長ホルモンが身体中に行き渡る

    水素は間接的に効果を発揮する!!

    この成長ホルモン増加のおかげで
    ・肌が若返る
    ・体が疲れにくくなる
    ・頭がスッキリする
    こうした声が多く聞かれています。

    成長ホルモンの役割

    ・骨の成長や発達を助ける。
    ・筋肉の成長を促す。
    ・全身の臓器や器官を発達させる。
    ・骨や筋肉を強く、維持する。
    ・ハリのある皮膚やコシのある毛髪を作る。
    ・脂質の代謝を促し、脂肪がたまらないようにする。
    ・代謝を安定させ、血糖値を正常に保つ。
    ・血圧を下げる。
    ・傷の治りを速くする。
    ・生殖機能を高める。
    ・記憶しやすくする。
    ・精神な安定させる。
    ・物事に取り組む意欲を高める。

     成長ホルモンは、人間が生きるうえで非常に重要な働きを持つホルモンです。成長ホルモンを増やす処置は美容外科、美容サロンではとても人気があります。

     水素は身体の不調にアプローチしながら、同時に成長ホルモンを活発にする作用もある、という紹介でした!

     

    f:id:pegastudio:20190213135858p:plain

    【LINE 友達追加での特典】
    また、初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

    f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

    どうもありがとうございました!!

    たけだ