水素水は、パウチタイプ、ボトルタイプから、サーバーにいたるまで、いろいろな商品があります。日本は水素先進国です。

kazu

最近は、日本だけでなく海外でも水素が注目されています。

今回は水素水の最新情報をお伝えします。

※1分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと水素水についてバッチリです。

記事を書いているのは…

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。水素を効率的に身体に吸収できる「スイソニア」で毎日90分水素吸入を行っています。そのおかげか、水素吸入を始めてから風邪知らず!

水素水の最新情報

水素が豊富に含まれている「水素水」

水素水とは、水素原子か水素分子が豊富に含まれる水のことです。濃度には決まりがあり「分子状水素医学シンポジウム」では、消費者が開封した時に「0.8ppm」の濃度があれば「水素水」であるとしています。

水素水は水素が豊富に含まれている水のこと

より詳しくは、こちらの記事をどうぞ

気温20℃くらいだと、水素濃度の限界値は「1.57ppm」ということが科学的に証明されています。

水素水は消化器官に働く

水素をうまく取り込むことができれば、水素は全身に回り、悪玉活性酸素を無毒化していきます。水素水に関しては全身に回る、というよりも消化器官系によく働きます。

特に胃や腸で働くことによって、腸内細菌を活性化し、成長ホルモンを刺激していきます。

効果は限定的

水素水は他の水素摂取の方法に比べ、効果を実感しにくいという弱点があります。

というのも、水素水で水素を摂取すると、10分後に効果のピークが来て、30分ほどで身体から水素が抜け出てしまいます。

kazu

水素水から水素をたくさん摂取したいと思っても、水は1リットル飲むのさえキツい!

そのため、水素水で水素の効果を実感したい場合は、300ml~500mlを1日1回。そして、毎日飲む必要があります。

1番手軽な方法が水素水

毎日飲むのは大変かもしれませんが、水素水が一番手軽に水素を摂取する方法です。

300円ほどでパウチタイプの水素水を購入することが可能です。他の水素商品の費用をみてみると、水素吸入は1回4000円。

それに比べて水素水は、水素風呂同様とてもはじめやすい方法です。

商品選びがカギ

水素水は商品が乱立しているため、水素濃度にバラつきがあります。また、保存方法も同様にすごく重要です。

アルミパウチで密閉されていて、1.00ppm以上の商品を購入することをオススメします。

水素に興味を持ったらしばらく続けてみる!

水素生活を始めようと思った場合は、ある程度期間を決めて続ける必要があります。

ポイント

水素水は毎日飲む
➁1ヶ月は続ける

ガウラ

ガウラの商品はジムやエステサロンにたくさんおいてあります。大型から小型のものまで様々なタイプの機械があるので、自分にあったものが必ず見つかります。個人で使う場合は「ポータブルで水素水をつくることができるボトル」の人気が高いです。

つくりたてを飲めるので、水素が抜ける心配がありません。

参考文献「なぜ水素で細胞から若返るのか」辻直樹著
参考文献『「水素」吸入健康法』橋本勝之著

kazu

以上、水素水の最新情報でした!