f:id:pegastudio:20181030190911j:plain

水素水は、ジムにおいてあるので、

ジムから興味を持った方もいるのではないでしょうか。

パウチタイプ、ボトルタイプから、サーバーにいたるまで、商品はいろいろあります。

最近は、日本だけでなく海外でも注目を集めるようになってきました。

※2018年10月30日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年4月18日に再度公開しました。

  • 1番手軽な方法が水素水
  • 商品選びがカギ
  • 水素に興味を持ったらしばらく続けてみる!
  • 水素が豊富に含まれている「水素水」

    水素水とは、水素原子か水素分子が豊富に含まれる水のことです。

    濃度に決まりがあり「分子状水素医学シンポジウム」では、

    消費者が開封した時に「0.8ppm」の濃度があれば「水素水」であると設定しています。

    f:id:pegastudio:20181016161248p:plain

    より詳しくは、こちらの記事をどうぞ

    水素水は「1.57ppm」が限界

    水素を高圧処理すると、いくらでも水の中に水素を入れることが可能です。

    密閉されている容器があれば、水素を水の中に封じ込めることができます。

    ですが、水素水が空気に触れると、

    水に閉じ込められていた水素が、飛び出てしまいます。

    気温20℃くらいだと、水素濃度の限界値は「1.57ppm」

    ということが科学的に証明されています。

    つまり、どんなに水素を水の中に入れたとしても、

    飲もうとフタを空けると、徐々に水素が1.57ppmまで抜け出てしまうのです。

    そのため、水素水の濃度が高い商品でも、

    1.57ppmまで落ちてしまうので、

    商品選びの参考になさってください。

    水素水は消化器官に働く

    水素をうまく取り込むことができれば、水素は全身に回り、悪玉活性酸素と結びつき無毒化していきます。

    水素水に関しては全身に回る、というよりも消化器官系によく働きます。

    特に胃や腸で働くことによって、腸内細菌を活性化し、

    成長ホルモンを刺激していきます。

    効果は限定的

    水素水は他の水素摂取の方法に比べ、効果を実感しにくいという弱点があります。

    というのも、水素水で水素を摂取すると、

    10分後に効果のピークが来て、30分ほどで身体から水素が抜け出てしまいます。

    また、水素水から水素をたくさん摂取したいと思っても、

    水は1リットル一気に飲むのさえキツい!

    そのため、水素水で水素の効果を実感したい場合は、

    300ml~500mlを1日1回。

    そして、毎日飲む必要があります。

    1番手軽な方法が水素水

    毎日飲むのは大変かもしれませんが、

    水素水が一番手軽に水素を摂取する方法です。

    300円ほどでパウチタイプの水素水を購入することが可能です。

    他の水素商品の費用をみてみると、

    水素吸入は1回4000円ほど、

    水素バスも水素発生器を買うと8万円ほどのコストがかかってしまいます。

    それに比べて水素水はとても始めやすいです。

    商品選びがカギ

    水素水は商品が乱立しているため、水素濃度にバラつきがあります。

    また、保存方法も同様にすごく重要です。

    アルミパウチで密閉されていて、

    1.00ppm以上の商品を購入することをオススメします。

    水素に興味を持ったらしばらく続けてみる!

    水素生活を始めようと思った場合は、ある程度期間を決めて続ける必要があります。

    特に

    水素水は毎日飲む

    ➁3ヶ月は続ける

    これが重要です!

    参考文献「なぜ水素で細胞から若返るのか」辻直樹著

    参考文献『「水素」吸入健康法』橋本勝之著

     

    f:id:pegastudio:20190213135858p:plain

    【LINE 友達追加での特典】
    また、初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

    f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

    どうもありがとうございました!!

    たけだ