脱毛でたまに起こるのが「まだらに生えてくる」という状況。例えばこの画像です。5回照射してから1ヶ月生やしたままの状態です。

メンズ脱毛でまだらに生えてくる

一見すると照射漏れに見えますが、実はこれは照射漏れではありません。

kazu

今回は「脱毛後、まだらに生えるのは照射漏れ??」という疑問にお答えします。

※1分ほどで読み終わる記事です。この記事を読む脱毛時の照射漏れか、そうじゃないかがわかります。

記事を書いているのは・・・

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。サロンの運営をしながらも数多くのサロンに足を運び研究しています。

メンズ脱毛と照射漏れ。まだらに生えてくるのは失敗?対処法もご紹介

照射漏れとは?

見分けるポイント

見分ける方法は、キレイに線が残っているかどうかです。

下の写真のオレンジが照射漏れ。青い部分は照射漏れではありません。

照射する際に隙間ができると、照射されていない部分がクッキリ残ってしまう場合があります。

 

メンズ脱毛のこれが照射漏れ

このオレンジの部分は当て漏れです。きれいに線が残ってしまっています。このようにはっきりと人為的なラインが残っている場合、ほぼ当て漏れと考えていいと思います。

青い丸の部分は、直線的なラインがありません。こういう風にまだらに生えている場合、当て漏れではありません。

まだらに生える毛の特徴は?

脱毛では、1回の施術で施術箇所の10%~15%前後の量の毛にしか効果はありません。 休止期・後退期の体毛に光を照射しても、細胞に光が届かず、いつもと変わらず元気な成長期の体毛が生えてきます。

脱毛では、成長期の体毛に照射する必要があります。

成長期の体毛に光を照射できると、再び生えてくるのに時間がかかります。効果のあった成長期の毛穴からは新しい体毛が生えにくくなり、効果がなかった休止期・後退期の毛穴からは新しい体毛が生えてきます。

この結果、まだらに体毛が生えてきてしまうのです。

逆に言うと、まだらでは無く施術箇所全てがキレイに同じように生えてくるということは、脱毛効果が少なかったという場合もあります。

特に男性の体毛は女性に比べ、濃く太いのが特徴です。成長サイクルが活発で、休止していた毛根が次々と活動をはじめ、まだらに生えてくることが多くなります。

対処法

まだらに生えてくる大きな原因は照射の光が毛根まで届かないことにあります。脱毛前にしっかり剃毛処理ができていれば、この照射漏れのリスクをかなり少なくすることができます。

そのため、剃り残しのないようにすることが何より大事です。

この記事のように、光脱毛、レーザー脱毛では下準備がとても大事です。

脱毛後に体毛がまだらに生える場合は相談を

毛質や濃さ、生え方は個人差があります。自分で判断するのがなかな難しいこともあります。

不自然に生えてきた場合や、どうしても気になる場合は、プロであるサロンやクリニックのスタッフに相談してみましょう!!

特に男性は相談をためらう場合が多いようです。ですが、こうした疑問はサロンやクリニックのスタッフは慣なれています。気兼ねなく相談しましょう!!

kazu

以上、「照射漏れ」に関してでした。
どうもありがとうございました!!