脱毛を手軽におこなうには「家庭用脱毛器」が1番です。

とはいえ家庭用脱毛器はたくさん種類があり、選ぶのに困ってしまうと思います。特に男性の場合、パワーの強い機械を選ばないと脱毛効果を得るのがなかなか難しいと思います。

kazu

今回は、家庭用脱毛器5種類から比較します。

比較するのは、使いやすさ、コスパの2点です。

※3分ほどで読み終わる記事です。男性が家庭用脱毛器を選ぶ助けになると思います。

記事を書いているのは・・・

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。サロンの運営をしながらも数多くのサロンに足を運び研究しています。

メンズ脱毛、家庭用脱毛器5選

実際に使用した人にレビュー

今回の比較は実際に使用した人に聞き取り調査をしています。脱毛効果は個人差がありますが、できるだけ客観的にレビューしていきたいと思います。

kazu

僕も家庭用脱毛器「ケノン」を持っていました。

裏技を紹介

いきなり家庭用脱毛器の裏技です。ただし、この方法はメーカーから推奨されていないので、自己責任でお願いします。

男性が「ヒゲ」の脱毛効果を得るためには頻繁に照射する必要があります。その頻度はズバリ「毎日!!」

今回の調査でも「ヒゲ」の脱毛効果を得るためには毎日の照射が必要でした。特に男性の場合は必須です。僕自身、むかし家庭用脱毛器「ケノン」を持っていました。ですが、使用頻度は2週間に1回ペースでしたが、効果を感じるまでに2年ほどかかってしまいました・・・。

ここから家庭用脱毛を使っている男性の動画を2本ご紹介します。動画の下にはまとめを載せています。


家庭用光脱毛器を半年間使用した結果を全て話します…

まとめ】

半年前にはじめたけど・・・。今はやっていない。効率が悪いのと、継続する力がなかった。

デメリット:ながら照射ができず、1回の時間が長い。見えない場所ができない。
メリット:みられたくない部分を自分でできる。

照射が下手でシマシマになってしまった…。

継続できる人にはおススメ!!



【必見】3ヶ月で青髭を消したケノンの使い方!教えます!!

まとめ】

ストロングカートリッジを使用し、レベル10、保冷剤を使用しない、同じ個所に2回、毎日照射をしたことで、青ヒゲが解消された。

メリット:自宅でできる、レベル調整ができる、短期間でできる
デメリット:痛い、めんどくさい、永久脱毛ではない

脱毛サロンの方がおススメ。

【補足説明】

保冷剤を使わない方が効果が高いという口コミをみて、保冷剤を使っていなかったそうです。ですが、保冷剤には脱毛効果を弱める科学的な根拠はないので、冷やしてからやりましょう。

おススメの人

➀継続できる人

➁器用な人(丁寧に照射しないと照射漏れが起こります)

③すでにクリニックやエステで脱毛経験がある人(脱毛経験のない人は、効果が感じられるまでに多少時間がかかります。脱毛経験のある人の方が効果を感じやすいです)

④サロンに行くほどでもないけど気になる部位がある

メルカリやヤフオクで売れる

kazu

家庭用脱毛器の最大のコスパポイントが、メルカリやyahoo!オークションで中古品として売ることができる点です。

家庭用脱毛器は照射できる回数が決まっています。そのため、どれだけ照射できる回数が残っているかがポイントですが、3割くらいの料金で売れることが多いです。うまくいけば半額以上で売ることも可能です。家庭用脱毛器の相場は7万程度なので、3万円ほど戻ってくる計算になります。

家庭用脱毛器ベスト5

効果があるかないかは「毎日照射できるか」によります。照射パワーはどうしてもエステサロンのように強力とはいきません。そのかわり使用頻度でカバーすることができます。

効果以外で重要なポイントは「照射面の広さ」が重要です。

ヒゲ脱毛だけであれば、5分で終わります。ですが、脱毛をすすめていくと他の部位をやりたくなってしまうのが人間のサガ・・・。この点に関してはいいことしかありません。というのも、脱毛する部位が増えるほどコスパはどんどん良くなります。

ただし、身体の脱毛を行う場合、照射面の面積が小さいとかなり時間がかかってしまいます。1時間30分~2時間かかってしまうこともあります。たとえ、30分だとしても毎日となるとかなり骨が折れます。

そのためできるだけ時間がかからない、照射面の広い機械を選ぶことが重要です。

kazu

ここからは家庭用脱毛器を5つご紹介します!

ケノン
69,800円
★★★★
照射面(7.0cm²)
口コミ高評価
ブラウン
55,815円
★★★★★
照射面(6.0cm²)
効果が高い
トリア
55,815円
★★
照射面(直径1cm)
照射パワーが強い
脱毛ラボ
71,478円
★★★
照射面(4.8cm²)
コンパクト
bare
30,240円
★★★
照射面(3.84cm²)
手頃な価格

ケノン


照射面(7.0cm²):★★★★
料金:69,800円

家庭用脱毛器のなかでも一番有名な商品です。レビュー数も圧倒的で、口コミも高評価が並びます。使い方さえしっかりすれば必ず効果があらわれる優良脱毛器です。

ケノンは照射レベルを1~10まで選ぶことができます。照射の方式も単発、3連射、6連射から選べます。男性は【レベル10、単発】でやる必要があります。

照射面はラージカートリッッジというものがありますが、ストロングカートリッジを使う方が効果が高くなります。ストロングカートリッジはラージカートリッジよりも照射面が小さいため時間がかかるのがデメリットです。

カートリッジ方式のため、カートリッジを使い切った場合、8,000円ほどのコストがかかります。ですが、レベル10で30万発うてるので、ひとりで使う場合、交換することはないと思います。

ブラウン シルクエキスパート BD-5004

照射面(6.0cm²):★★★★★
料金:55,815円


小型で30万発も打てるので、全身を行っても照射回数に余裕があります。脱毛レベルは自動で調節してくれます。効果に関しては、ほぼ100%の男性が効果を実感しています。

ただ、ヒゲの使用に関してはメーカー側が推奨していません。これがデメリットです。とはいえ、ヒゲを打っている方もいます。自己責任になりますが、ヒゲにも効果を発揮しています。体毛に関しては◎です。

照射面は広く、持ち手もカーブしているためとても使いやすくなっています。

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x


照射面(直径1cm):★★
料金:55,815円

家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー方式です。レーザーの波長は810nmです。波長の詳しい説明はこちらの記事で解説しています。

最大のメリットはパワーがあり、かつ安全であること。コードレスなのは、嬉しい点です。カートリッジなど消耗品がないため、トリアひとつ持っていればオッケーで、追加コストはかかりません。

しかし、照射面の小ささがデメリットです(1㎠)。そして、本体に重さがあるのでずっと持っていると疲れてしまいます。

脱毛ラボ・ホームエディション


照射面(4.8cm²):★★★
料金:71,478円

この商品のみ男性に使用してもらったアンケートが得られていません。

脱毛サロンの脱毛ラボが開発し、業務用のパワーを兼ね備えた家庭用脱毛器です。30万発打つことができますが、カートリッジは交換できない使用なので、使い捨てになってしまうのがデメリットです。

冷却作用があるので痛みを感じづらくなっています。持ちやすくコンパクトなのも高評価です。

スムーズスキン bare

照射面(3.84cm²):★★★
料金:30,240円

安さが最大の魅力です。安いですが、男性でも脱毛効果がしっかりみられた機械です。

使い捨て方式ですが、値段は他の機種に比べかなり安いです。コンパクトで持ちやすく、シンプルな構造なので操作がとても簡単です。脱毛初心者の方でも使いやすいタイプです。

kazu

以上、「家庭用メンズ脱毛器ベスト5」に関してでした。

どうもありがとうございました!