「ロミオとジュリエット」は僕が一番好きな作品で、何回見ても飽きることのない作品です。

バレエを観に行きたい人がいたらまっさきにオススメしたいのがこの「ロミオとジュリエット」。しょっぱな観に行ってほしいんですが、ちょっとバレエに詳しくなってから観に行くとすごく感動するので、紹介するのはじーっと耐えています。これが僕にとては、けっこう苦行です。

なぜこんなにおすすめするのか。ロミオとジュリエットはいろいろなバージョンが作られています。それほど魅力があるのですが、今回はケネス・マクミランがつくった「ロミオとジュリエット」の魅力をたっぷりご紹介します。

  • 主なキャラクター
  • ケネス・マクミラン版のはじまり
  • マクミラン版までの流れ
  • マクミランへの影響
  • プロコフィエフの音楽
  • ※3分ほどで読み終わる記事です。マクミラン版の「ロミオとジュリエット」を深堀りしています。

    記事を書いているのは…
    元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

    マクミラン版ロミオとジュリエットの経緯

    「ロミオとジュリエット」はバレエが1番だと思う

    バレエ版の良さは2つあります。ひとつ目はセリフがないこと。そしてもうひとつはジュリエットが14歳、ロミオが16歳~18歳ということ。

    セリフがない

    「ロミオとジュリエット」は、誰しも知っているシェイクスピアの作品で、「ウエストサイドストーリー」など、「ロミオとジュリエット」を土台にしている作品がたくさんあります。

    ただ、演劇となると、むずがゆいセリフがたくさん登場します。

    例えば・・・
    「ああ、ロミオ、ロミオ・・・、
    どうしてあなたはロミオなの。」
    とか、

    ロミオ:「私は月に誓ってあなたを愛します」
    ジュリエット:「やめて。夜ごとに形を変える月なんかに誓うのは。あなたの愛まで移り気に思えるから」
    とかとか。

    日本語ではふだん絶対に使わないような言葉になっているので、どうしても違和感があります。なので僕の場合、冷めてしまう…。

    でもバレエの場合、セリフがないのでストーリーがすんなり入ってきます。踊りだけで表現するバレエは、「ロミオとジュリエット」とかなり相性がいいと思っています。

    14歳のジュリエット

    ジュリエットは14歳というか、14歳になる直前の設定です。ジュリエットはバレエの中でも難解な役です。人生経験を積んだダンサーほど素晴らしい演技をする役です。

    そのため30歳を超えたダンサーがジュリエットを踊ることもたくさんあります。舞台はテレビや映画と違い、年齢が上でもそこまで気になりません。やはり映像でアップになってしまうと、なかなか厳しいこともあります・・・。

    こんな「ロミオとジュリエット」ここからどんどん深堀りしていきます。

    主なキャラクター

    ロミオはロメオと表記されることがあります。僕はロミオという響きが好きなので、ロミオで統一しています。

    ・キャピュレット家
    ジュリエット
    ティボルト:ジュリエットのいとこ
    パリス:ジュリエットの婚約者
    キャピュレット卿:ジュリエットの父
    キャピュレット夫人:ジュリエットの母
    乳母:ジュリエットを支える存在
    ロザライン:ロミオが一目惚れする

    ・モンタギュー家
    ロミオ
    マキューシオ:ロミオの友人
    ベンヴォーリオ:ロミオのいとこ
    三人の娼婦:ロミオと仲がいい

    ローレンス神父:結婚をとりしきり、毒を手配する
    エスカラス(ヴェローナ大公):ヴェローナを統治

    ケネス・マクミラン版のはじまり

    初演:1965年2月9日
    振付:ケネス・マクミラン
    音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
    美術:ニコラス・アディス
    照明:ジョン・B.リード

    ジュリエット:マーゴ・フォンテイン
    ロミオ:ルドルフ・ヌレエフ

    ケネス・マクミランが1965年に発表した「ロミオとジュリエット」がおそらく世界で一番踊られているバージョンです。世界中のバレエ団で踊られていて、日本では新国立劇場がレパートリーに持っています。

    1964年、カナダのテレビ番組のためにロミオとジュリエットの「バルコニーシーン」の7分が振り付けられました。その時ジュリエットを踊ったのが、ケネス・マクミランのミューズといわれるリン・シーモアです。このリン・シーモアのために「マイヤーリンク」のマリー・ヴェッツェラ、「アナスタシア」、「コンチェルト」の第2バリエーションなどがあります。

    ケネス・マクミランは経営陣とモメることも多く、ロイヤルバレエ団を離れ、リン・シーモアと一緒に1966年から4年間ベルリン・ドイツ・オペラ・バレエ団にいたこともあります。ただ、1970年にまたロイヤルバレエ団に戻ってきます。

    そして、ロミオを踊ったのはクリストファー・ゲーブルです。この「バルコニーシーン」はたった3回のリハーサルで完成した、とリン・シーモアはインタビューで語っています。

    この「バルコニーシーン」を軸に全幕の「ロミオとジュリエット」が作られることになりました。1940年、ソビエト連邦の振付家ラブロフスキーが「ロミオとジュリエット」を創作しました。1965年、このラブロフスキー版がイギリスで上演される予定でしたが、ソ連がイギリスでの公演を拒否したことから、マクミランの「ロミオとジュリエット」の制作が始まります。そしてアメリカツアーが5ヶ月後に迫っていたこともあり、急ピッチで制作されました。

    初演は当時大スターだった、マーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフが踊っています。マクミランはリン・シーモアとクリストファー・ゲーブルを初演にしたかったようですが、経営陣の意向で初演のメンバーが決まってしまいました。ロイヤルバレエ団のダンサー全員ががっかりしたと言われています。

    ケネス・マクミランの「ロミオとジュリエット」といえば、マーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフが一番先に思いつきます。特にマーゴ・フォンテインは引退間近といわれていましたが、ジュリエットのおかげでダンサーとして息を吹き返したとも言われています。リン・シーモアはこのことが影響し、ベルリンに行ってしまうのでした・・・。

    しかし、初演時の大喝采は相当なもので、43回のカーテンコールがあったと記録されています。これだけ受け入れられたのはマーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフが踊ったという部分がかなり大きいと思います。経営陣の意向が正しかったのか、マクミランの意向を通すべきだったのか、本当に難しい部分です。僕は、こういう話すごく人間味があって好きです。

    マクミラン版までの流れ

    1935年、プロコフィエフが作曲
    1940年、キーロフ劇場でラブロフスキー版「ロミオとジュリエット」初演
    1958年、ミラノ・スカラ座でクランコ版「ロミオとジュリエット」初演

    マクミラン版はラブロフスキー版とクランコ版にかなり影響を受けています。特にパントマイムという点に特徴があります。バレエでは感情を表現するためにパントマイムが使われます。この動きを不自然に感じたのはジョン・クランコです。できるだけパントマイムを使わずに踊りだけで感情を表現することに力を注ぎました。

    マクミランはこの影響をかなり受けていて、マクミラン版の「ロミオとジュリエット」ではパントマイムが排除されています。

    また、広場のシーンは、1958年のジョン・クランコ版に影響を受けていると言われ、似ている部分があります。

    マクミランへの影響

    マクミランは、振付師だけでなくルネッサンス時代に大きく影響を受けています。とくにクワトロチェントとよばれるルネッサンス初期の1400年代です。クワトロチェントとは、イタリア語で「400(の)」という意味で、ダ・ヴィンチ登場の前の時代にあたります。この時代の絵画や建物をもとに、舞台セットや衣装がつくられています。

    そしてフランコ・ゼフィレッリによる1960年に発表された「ロミオとジュリエット」に大きな影響を受けています。フランコ・ゼフィレッリは1968年に公開された映画「ロミオとジュリエット」が有名です。

    「ロミオとジュリエット」は映画史に残る名作で、オリヴィア・ハッセーが印象的な作品です。1968年度アカデミー賞では、4部門でノミネート。撮影賞と衣装デザイン賞を獲得しています。この映画からさかのぼること8年前。1960年、イギリスにあるオールド・ヴィック・シアターで舞台版の「ロミオとジュリエット」を発表しています。

    マクミランはこのフランコ・ゼフィレッリ版の「ロミオとジュリエット」にかなり影響を受けています。そのため、予習として、映画版を観るのもオススメです。

    また、マクミランは舞台美術でロミオとジュリエットのキャラクターが表現できるようかなり気をつかっています。それぞれの家にテーマカラーがあり、キャピュレット家は赤、モンタギュー家は緑です。

    マクミラン版以前、ジュリエットの人物像は大切に育てられたがゆえに世間を知らないお嬢さまという描かれ方をしていました。マクミラン版では情熱的な女性としてジュリエットが描かれています。一方のロミオはロマンティックな面が強調されています。

    余談 北川悦吏子さんに影響

    2019年1月18日に放送された「アナザースカイ」。脚本家の北川悦吏子さんの回でした(いつ消えるかわからない動画のリンクです)。この北川悦吏子さんが大きな影響を受けたと語るのがフランコ・ゼフィレッリです。

    フランコ・ゼフィレッリの影響がマクミランの「ロミオとジュリエット」に影響を与え、日本のドラマにも影響を与えているなんてとても素敵です。

    このアナザースカイすごく大好きで何回も見てしまいます。フランコ・ゼフィレッリ監督から北川悦吏子さんへの手紙はこちら。

    プロコフィエフの音楽

     「ロミオとジュリエット」はセルゲイ・プロコフィエフの音楽からすべてが始まります。ロシアの劇作家のピオトロフスキーとセルゲイ・ラドルフによる脚本をもとにプロコフィエフが作曲しました。

    当初はシェイクスピアの原作どおりの悲劇ではなく、ハッピーエンドとなっていました。なぜハッピーエンドになったかはいろいろ説があります。最後のシーンで、ロミオは仮死状態のジュリエット踊らなければいけないのですが、それが難しかったという説。セルゲイ・ラドルフは演出もしているのですが、当時の社会的な事情を守ったという説などがあります。

    ソ連からドラマバレエに対する要求がありました。「ロミオとジュリエット」は死で終わるものにしてはならず、ふたりは死ぬことなく新しい人生を始めるという希望的なものである必要がありました。これは「白鳥の湖」でも同じ変更がなされました。「白鳥の湖」はバッドエンドだったのですが、最後に王子とオデット姫が結ばれ幸せになる、という内容に書き換えられています。

    とはいえ、ソ連の上層部は「ロミオとジュリエット」がハッピーエンドであることに疑問をもち、無期限の上演禁止となります。ですが、バレエ曲は残ります。そして、1936年にプロコフィエフはバレエ組曲としてバレエ無しでこの曲を発表します。

    このときには悲劇のエンディングを想定して曲が発表されています。この曲が世界中に広まり、様々なバージョンの「ロミオとジュリエット」が制作されています。1965年に発表されたマクミラン版で一度制作が落ち着きます。というのも、このマクミラン版の完成度が高く、これ以上の「ロミオとジュリエット」が考えられなくなったからだと思います。

    プロコフィエフの音楽は、どことなく暗い旋律でありながら、美しい。一度聞いたら耳に残る旋律です。

    ロミオ、ジュリエット、そしてロミオとジュリエット、マキューシオ、ティボルトなどなど、それぞれにテーマとなる旋律があり、音楽を聞くと誰が踊っているのかわかります。

    そしてバルコニーシーン。ふたりの心情に合わせ曲がどんどん盛り上がっていきます。この曲を聞くだけで価値のある音楽です。


    Prokofiev Romeo and Juliet balcony scene (Macmillan)

    マクミランもミューズのひとりであるアレッサンドラ・フェリによるジュリエットの映像です。ロミオはABTが活躍したスペインのアンヘル・コレーラ。はまり役のおふたり。

    僕はプロコフィエフの音楽が大好きなので「ロミオとジュリエット」がさらに好きなのかもしれません。ロミオとジュリエットをバレエで観たい大きな理由はこの音楽にあると思います。

    あらすじはまた別の記事でお伝えします。

    ありがとうございました!