BSテレ東
日経プラス10「水素吸入医療法で治療法は変わる?」
2019年1月24日(木) 22時00分~23時00分

kazu

水素吸入の最新治療の特集です。

時間にして20分ほどでしたが濃い内容で、ビジネスに強いテレビ東京らしく中立的な観点から放送されていました。

この記事を読むだけで番組内容がわかります。また水素を体に入れるオススメの方法もご紹介します。

※1分ほどで読み終わる記事です。この記事を読むと白血球の働きが免疫力と関係していることがかんたんにわかります。

記事を書いているのは…

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。水素を効率的に身体に吸収できる「スイソニア」で毎日90分水素吸入を行っています。そのおかげか、水素吸入を始めてから風邪知らず!

水素吸入でサラサラ血液に。日経プラス10 「水素吸入医療法で治療法は変わる?」まとめ

30分の水素吸入の結果からスタート

番組の解説である坂本英二さん(日本経済新聞編集委員)が30分の水素吸入を行いました。下の画像は「坂本さんの赤血球の変化」です。

水素吸入、坂本さんの赤血球の変化

吸入前と吸入後では、赤血球の形状がまったく違います。ですが、両方とも坂本さんの赤血球です。

【吸入前】
赤血球のまわりにある、つぶつぶが活性酸素に侵されている部分です。
また、赤血球同士がくっついているので、これがいわゆる「ドロドロな状態」です。

【吸入後】
活性酸素がかなり除去されていることがわかります。
赤血球同士に少しスペースができています。これがさらにバラけると血液が「サラサラ」になります。

【坂本さんの感想】
「吸っているうちにハイになるといった反応はなかった。ですが、吸った後スッキリ感、視野がくっきり、疲れが取れた感じがあった。

生活習慣病の90%の原因、活性酸素

ゲスト解説は、星子尚美先生(星子クリニック院長)です。

日々のストレス、睡眠不足、食生活の乱れで起こるのが、生活習慣病です。この生活習慣病の90%の原因が「活性酸素」と言われています。活性酸素は身体をサビさせる原因です。

活性酸素・・・強い酸化力で細胞を傷つけ、生活習慣病や老化の原因となる。触れるものを酸化させる不安定な酸素のこと。

りんごが黄色く変色するのは、活性酸素のしわざです。りんごをサビさせているのです。

活性酸素により酸化したリンゴ

人が生きるための呼吸。そのうちの2~3%が活性酸素になってしまうといわれています。

活性酸素の原因となる生活習慣病

しみ・しわ、糖尿病、白内障、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、脳卒中、しびれ、がん、アトピー、炎症

水素を吸入することで、活性酸素を除去することが出来ました。この効果が、医療現場で注目されています。

ちなみに水素吸入は1回で効果がみえやすいです。ですが、サラサラ血液の状態が続くかは、その後の生活次第です。ストレスの高い生活を送っていると、体内の活性酸素がすぐに増加してしまいます。

ですので、激しい運動や、ストレスの多い生活を送っている方は水素吸入を頻繁に行う必要があります。逆に、健康的な生活を送っている方は、2週間に1回のペースでもまったく問題ありません。

水素は悪玉活性酸素のみを除去する

活性酸素は「善玉」「悪玉」2種類あります。「善玉活性酸素」は、ガン細胞のモトをやっつけてくれるため、身体にはとても貴重な存在です。問題は、身体を傷つけてしまう「悪玉活性酸素」です。

水素は「悪玉活性酸素」のみ退治します。そのため副作用がまったくないといわれています。

より詳しくはこちらをどうぞ。

ヒトに対する水素の実験結果が増えている

水素吸入で活性酸素が減少する

大阪大学の研究で、2ヶ月間、毎日1時間の水素吸入を行いました。健康な場合は、そこまで変化はありません。ですが、糖尿病、高血圧症、高脂血症の方に効果が認められました。

特に糖尿病に大きな効果をもたらしています↓

糖尿病患者に対する水素吸入の結果

糖尿病の方に関しては活性酸素が減っただけでなく。全員、血糖値が正常値に戻りました。

認知症に関しては?

認知症を測る指標として長谷川式認知症スケールというものがあります。

長谷川式認知症スケール

長谷川和夫氏によって作成された簡易的な知能検査であり、主に認知症患者のスクリーニングのために用いられる。

2ヶ月、毎日1時間吸うことで、長谷川式認知症スケールで測った認知症リスクを示していた数値が、正常値に戻ったとの研究報告が出ています。

救急外来での水素吸入の研究

慶應義塾大学
水素ガス治療開発センター
佐野元昭センター長
の研究です。

この方は、以前紹介した、モーニングショーでも紹介されていました。

水素吸入の第一人者です。研究内容は「心筋梗塞における脳や心臓の機能の低下を水素ガスによって抑える」というもの。

心筋梗塞による臓器の機能の低下

心筋梗塞になると、血液がつまってしまい、血液が流れなくなります。すると、心臓の筋肉がどんどん死んでいってしまいます。

血管のつまりを解消するためにチューブを入れ、血管を強制的に広げます。すると血液の流れが戻ります。流れていなかった血液が一気に流れ始めると、ひと安心のように思いますが、の時に悪玉活性酸素が大量に発生してしまいます。

血液の流れが回復したことでダメージを加速し、臓器障害となってしまいます。活性酸素は、臓器を機能不全にしてしまう大きな原因です。

心肺停止の状態で救急病院に運ばれてきた患者の生存率は、わずか8%。

さらに助かったとしても普通に生活が送れるようになる社会復帰率は、たった4%。

心筋梗塞は決してめずらしい症状ではありません。この死亡率の高さを回避するために水素ガスを使用した研究が盛んになっています。

水素ガスを吸入すると臓器の機能が維持される

水素吸入、心筋梗塞を起こしたラットの実験

水素ガスを吸わせたラットには90分間水素吸入を行っています。白い部分は、完全に組織が機能していない部分です。

水素の有効性はラットの実験で確認され、脳や心臓の後遺症が大幅に減少されることがわかりました。

ヒトへの実験で、80%の社会復帰率

水素吸入で心筋梗塞の後遺症を大幅減

2014年、救急治療で心配が停止したヒトへの実験が行われました。対象は5人。

結果は、5人中4人の回復が認められました。社会復帰率は80%。何もしない場合、社会復帰の確率はたったの4%です。4%に比べるととても大きな進歩です。

しかも集中治療において安全に行えることが証明されました。

2016年、厚生労働省から先進医療に

水素ガス吸引療法は高額な費用がかからず、広く提供可能な画期的な治療となる可能性が高いとして、先進医療に承認されました。

慶応病院を中心に、全国の病院で臨床研修が行われています。全国15の機関でヒトへの実験が行われており、2020年までに360症例を目指しています。

予防医学としての水素

高齢化が進むことにより、医療費が上がり続けています。

水素吸入は、
・生活習慣病の予防
・健康増進

が期待されています。

これにより、医療費の削減がもたらされるかもしれません。

水素吸入をする上で気をつけることは?

今回の特集はとてもわかりやすく、試してみたいという気持ちがかなり高まる内容でした。

試してみたい、という方に向けて、解説の坂本さんから疑問がありました。「実際使うとすると気をつけるべきことは?」

水素は目に見えないため、しっかり入っているか見極めることが重要との回答が示されました。

オススメの水素

水素で健康になる方法は自宅でも手軽に行うことができます。健康食品やサプリメントと同じ感覚です。興味がありましたら下記の記事をどうぞ。

今回は「日経プラス10 :水素吸入医療法で治療法は変わる?」についてまとめました。
どうもありがとうございました!!