f:id:pegastudio:20181117194307j:plain

当サロンにスイソニア(水素吸入機)が到着し、3日がたちました。
 

水素にどれほどの効果があるか?

ある実験を開始しました!!
 

  • 診察へ
  • ココから本題。水素吸入と痛みの軽減
  • 水素吸入は身体に不調があるときに効果を発揮する
  • 痔になりました・・・(恥)

    正直、おおっぴらに言う事でもないのですが、公表しないと何言っているのかわからなくなってしまうので、恥をしのんで書いています…。

    生温かい目線で読んでいただけると嬉しいです。

    水素吸入は手術後の回復にどれだけ効果を発揮するか?

    ということで今回の水素吸入の実験は「術後の回復」です。

    実は、昨日手術を受けてきました。

    特に、痔の手術に関しては痛みが長引くことがあるそうなので、

    ➀ 回復の期間
    ② 術後の痛みに関して

    この2点を中心に経過報告をしていきます。

    痔にも種類はたくさん

    僕の痔はそこまで複雑なものではなかったので、日帰り手術となりました。

    実は痔になったのが7月の始め。

    そこから手術まで5ヶ月ほど悩まされていました…。

    起業のタイミングと重なっていたので、ちょうどいい!と思い、この期間はとにかくおとなしくしていました。

    ただ、ダンスの仕事があったので、ダンスに合わせて手術日も決めました。

    僕が通っている病院はすぐに手術はできません。

    というのも患者さんが多く、手術の予定が2ヶ月先まで埋まっているとのことでした。

    確かに、待合室は男性、女性限らず患者さんの数はいつも盛況な感じです。

    お互いの我関せず感が、他の病院よりも強いんですが、同じ病気を持つもの同士の妙な一体感もあったりします笑

    混んでいるというのは、先生がイイ、という証拠だろうとも思えたので問題ありませんでした。

    手術について

    まずは、当日の朝、病院に手術予定の2時間前に座薬を2錠入れます。

    そして、朝ごはんは食べません。

    手術は10:30から始まりました。

    病院に着くと空いていて、すんなりと案内してもらえました。

    先生は診察と手術を同時進行で行っているので大変です。

     

    手術室へ

    着替えて、点滴のチューブを注射し、心臓をモニターするパルス計を指にはめ、2分毎に血圧を測るためにバンドを腕に巻きます。

    その後、看護師さんがとても丁寧に手術の流れについて説明してくれました。

    疑問が出ないくらい丁寧にしてくれたので、かなり安心できました。

    麻酔を打たれる練習もしました。

    麻酔は腰回りにだけ効くように、背骨の下の脊椎に注射をします。

    先生が注射をしやすくするためには、背中を丸める姿勢がいいそうです。

    ということで、先生が来る前に、看護師さんと一緒に背中を丸める練習をしました。

    昔、アメリカに留学していた時、入院したことがあり骨髄穿刺を受けたことがあります。

    骨髄穿刺でぐいぐい押され、その後1年くらいシビれが残っていたことがあったので、かなり真剣に練習しました…。

    麻酔も同じような場所に入れるので、心配でした。

    先生登場

    挨拶から始まり、まずは麻酔からです。

    針も細いということで、痛みはほとんどありませんでした。

    そして、麻酔が効いているのを確認してから手術がスタートです。

    電気メスを使い、患部を切り取るため肉の焼けるニオイが鼻まで届きます。

    これは脱毛の時も同じですが、たんぱく質が焼けるニオイはあまりいいものではありません。

    そんな時も、看護師さんが声をかけてくれ安心できました。

    無事終了

    たぶん20分ほどで終わったと思います。

    少し押される感覚はありますが、痛みはまったくありません。

    意識がある分、手持ち無沙汰です。

    ただ、2分に1回血圧を測るために、腕のバンドが膨らむので、それを見ながら時間を数えてぼーっとしてました。

    何も問題もなく終わったため先生もそのまま退出していきました。

    その後は、麻酔が弱まり、歩けるようになるまで、ベッドで安静にします。

    1時間くらい休むと体の機能も回復したため、着替えて診察待ちとなりました。

    術後の生活と薬の説明

    診察を待っている間に看護師さんが、術後の生活と薬に関して説明をしてくれました。

    術後にもらえる薬は6種類。

    抗生物質、痛み止め、痛み止めと併用するお腹の薬、便をコントロールする薬、傷に塗る軟膏、そして強めの痛み止めとそれに伴う整腸剤です。

    やはり、術後は痛みがひどい時もあるようなので、痛みに耐えられない時のために強めの痛み止めも処方されました。

    生活に関しては、当日はお風呂禁止、2日目にシャワーOK、3日目に湯舟OK、ということでした。

    患部が痛いときは湯舟につかるのはとてもいいみたいで、おススメされました。

    また、旅行や運動は2週間禁止。

    食べ物に関しても、辛い物や刺激になるものは2週間は禁止ということでした。

     

    診察へ

    傷の確認と説明のために再度、診察がありました。

    手術は成功で、縫合も行ったとのこと。

    しばらくは出血すると思うので、気を付けてください、とのことでした。

    手術が成功したことでとにかく安心しました。

     

    ココから本題。水素吸入と痛みの軽減

    今日は術後の翌日です。

    手術を受けた当日、昼に2時間、夜に1時間、水素吸入を行いました。

    そして、今日は再度診察がありました。

    経過も順調とのこと。

    今日は2時間、午後に水素吸入を行いました。

    「痔の手術は痛みが続く」と yahoo! 知恵袋 に投稿がたくさんあったのでビビっていました。

    もちろん、通常の痛み止めを飲んでいますが、今のところ痛みはまったくありません。

    そして、強い痛み止めの出番もない状態が続いています。

    傷のふさがり具合に関しては自分では判断できため、来週診察に行ったときに先生と確認をします。

     

    水素吸入は身体に不調があるときに効果を発揮する

    普段は健康なので、自分自身ではあまり実験できませんでした。

    ですが、今回は手術というチャンスがあったので、報告していきます。

    ちなみに、今回手術の費用は薬代と合わせて2万円と少しでした。

    おつきあい、ありがとうございました。

     

    f:id:pegastudio:20190213135858p:plain

    【LINE 友達追加での特典】
    また、初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

    f:id:pegastudio:20190213140614p:plain

    どうもありがとうございました!!

    たけだ