バレエの初心者の方が公演に行く際、とても重要になるのが座席です。前回は東京文化会館のオススメの席をお伝えしました。

kazu

今回は渋谷にある「オーチャードホール」をご紹介します。バレエやミュージカルでよく使われる会場です。

ダンス公演では見づらいことで有名な「オーチャードホール」を攻略しましょう!!

※3分ほどで読み終わる記事です。オーチャードホールのイイ点と悪い点がよくわかる記事になっています。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

バレエ鑑賞のオーチャードホール攻略法

オーチャードホールの問題点

オーチャードホールの座席数は2,150席。
その内訳は、1階席1,424席、2階席410席、3階席316席となっています。

オーチャードホールの座席

オーチャードホール公式ホームページより

雰囲気のある素敵な会場ですが、ちょこちょこと難点があります。一番の問題点は、1階席が見づらいこと。前方の席はひとの頭が邪魔になり、後方は舞台から遠いです。

上の写真のように、前方部分は傾斜がないため見づらいです。前の席との段差があまりないため、もし、座高のある人が前に座ってしまうと頭が邪魔で視界をさえぎられてしまいます。特に男性の場合は、かなりの確率で頭ひとつ飛び抜けます。

kazu

僕はオーチャードホールで前方に座るときは、ハイパー猫背です笑。

座高を低くする配慮をしなくてはイケないので疲れます・・・。

オーチャードホール1階席座席表

実は2011年に改装があり少し見やすくなりました。たぶん多くの方から意見があったんじゃないかと思います。

変わったのは19列目までの前方ブロックです。2011年以前は、列と列にズレがありませんでした。それが19列目までは前の列とズレて配置されるようになりました。20列目いこうは以前と同じく前の列と「どんかぶり」になっています。ですが20列目以降は比較的段差があるので、あまり気にならないと思います。

僕のおススメ席(2階、3階サイド)

オーチャードホール2階3階サイドのおススメ座席表

kazu

僕が好きな席は赤い〇で囲ってあります。

僕は、1階席よりも目線が高くなる2階席、3階席が好きです。通常、階があがるほどチケットの値段も安くなるのですが、コスパ面としては2階は1階席とあまり変わりません。ただし、2階席は1階席よりも悪いと思われているので席は取りやすいです。3階席は少し安くなります。

2階サイド中央側の席は、出っぱているので前に視界を遮るものがありません。かなり集中してバレエを見ることができます。また、舞台に近いのでダンサーの表情も見ることが出来、かつ全体のダンスを見ることもできます。

バレエは大勢で踊る群舞が見どころのひとつです。群舞の踊りは、少し上の目線から見た方が美しく見応えがあります。そのため、2階よりも3階の方が全体を見渡せるので、僕は3階サイド席が一番好きです。群舞を見るという点に関しては、1階席よりもかなり見やすいと僕は思っています。

1階席前方はダンサーの表情がよく見えます。なんなら汗が飛ぶのまで確認できます。ですが、近すぎて、全体を見ることができません。またダンス公演では足の表現が非常に重要ですが、オーチャードホールの場合、前方の席に行ってしまうとなかなか見るのは難しいと思います。

2階の1列目もオススメですが、普通のホールに比べると舞台が少し遠いので注意が必要です。3階の中央席はさらに遠くなってしまいます。

1階のオススメの席

オーチャードホール1階おススメ座席表

値段は少し上がりますが、最後に1階おすすめ席をご紹介します。1階は20列目からはとても見やすいです。ですが、30列目ほどいってしまうと、かなり舞台から離れてしまいます。なので20列目~29列目までの中央よりです。

バレエの公演では1階席全体がS席になることが多いです。そうなると、38列目にいようが1列目にいようが値段は同じです。後方になってしまうと損した感がかなりあると思うので、席はこだわってみてください。

集中してみるのはなかなか大変です

オーチャードホールでは説明したとおり「前の人の頭が気になって集中できない」ということがけっこう起こります。

kazu

オーチャードホールで舞台を見る場合は、座席を重視してチケットを購入することをオススメします!!

どうもありがとうございました!!