英語の勉強の記事をバラバラに出しているので、英語の勉強法をまとめたいと思います。

kazu

今回は、英語の勉強法、文法、単語、英会話、TOEICに関し、効率的に勉強する方法をお伝えしていきます。

※3分ほどで読み終わる記事です。英語学習の効率的な方法がわかります。

この記事を書いているのは…

僕は現在TOEIC905点を持ち日常会話が問題なく話せるようになりました。大学生向けの大きな英語学校でアドバイザーをしていたこともあります。その時は、TOEIC900点を超える担当生徒がかなりいました。先生である僕よりも高得点をとる生徒が続出してしまい、自分の点数をひた隠しにしていた過去があります。笑

【2020年】使える英語,勉強法。文法,単語,英会話,TOEIC

英語学習に挫折した経験

まず、英語の勉強の挫折経験についてのアンケート結果です。

英語学習に挫折した経験はありますか?

2017年 DMM英会話調べ

およそ85%もの人が英語学習を挫折している状況です。ちなみに英語を習得した人も、多かれ少なかれ挫折の経験はあると思います。

多少の挫折があったとしても英語の勉強を続けるためには効率的な勉強法を知っている必要があります。

基礎と実践を同時進行で勉強する

kazu

では英語の学習をうまくいくようにするには何をどう勉強するのがいいでしょうか。

僕の場合、大学で座学をしながら、ダンサーとして外国人と一緒に働いていました。そのため、大学で基礎を学び、仕事場で外国人の友達とコミュニケーションをとっていました。

1年間で信じられないくらい英語力が上がり、ひとりで海外旅行に行ってもまったく問題ないレベルになりました。

基礎と実践を同時に

基礎・・・英文法、英単語、発音
実践・・・オンライン英会話

同時進行で勉強していきます。

kazu

基礎の勉強だけでは退屈です。

とはいえ、基礎がない状態でいきなり英会話をやっても通じません。なので、このバランスをうまく取りながら英語の勉強をしていくのがオススメです。

僕の失敗談

僕は小さい頃から海外ドラマや洋楽が好きだったので、発音が得意でした。発音が得意だと必然的にリスニングが得意になります。

リスニングのルール

聞けない音 = 発音できない

これを逆側からみると、

発音できる = 何を言っているか理解できる

学校英語や受験英語のリスニング問題は、リーディングの問題よりかなり優しくできています。僕はリスニングの点数を伸ばしたかったので、リスニングの勉強ばかりに力を入れていました。

kazu

単語を覚えたり、英文法、リーディングの勉強を後回し!

そして高校になると英語が一気に難しくなりました。リーディングの勉強をそこまでやっていなかったので、リーディングの語彙力や、文法問題がどんどん難しくなり、ついていけなくなってしまいました。

特に英文法をわかっていない上で英語の知識を入れようとしても全く理解できません。そのため、僕は英文法の勉強のやり直しをするしかなくなってしまいました…。

英語力に限界を感じている場合は文法に戻ることをオススメします。

英文法

ということで、まずは英文法から勉強をはじめるのがオススメです。

英文法

英文法は英語を話すためのルールです。

このルールを知らずして英語を話すのは不可能に近いです。

特に日本人は文法が得意と言われています。得意なことをやって「できる体験」をすると、勉強が楽しくなると思います。しかも、英文法のルールの数はそこまで多くありません。文法書1冊できればそれですべてのルールがわかってしまいます。

僕は動画と文法書のあわせ技がオススメです。がっちゃんのyoutube動画と「1億人の英文法」をぜひ使ってみてください。文法を感覚的に捉えられる内容になっています。

とくにがっちゃんの英語動画は、英語挫折者にかなり寄り添った内容になっていて、すでに50本ほどの英語動画がアップされていて1本15分ほどとボリュームありますが、ストレスなく見ることができます。

単語

そして英語力のかなめになるのが英単語です。単語力があれば、かなり英語を理解することができます。ですが、単語を覚えるのはすごく時間がかかります。

単語を覚えるコツ

イメージで捉える

そして「使える英語」を覚えるためには、日常的に多く使う句動詞をガンガン覚えていく必要があります。前置詞は日本語訳にすると20個以上の意味が出てきてしまうものがあります。ですが、大きなイメージを持っていると日本語訳を全部覚えていなくても意味を想像することができます。

発音トレーニング

単語を覚える際は、発音トレーニングも一緒に行っていきましょう。手で書いて覚えるよりも、音で覚えてしまったほうが役に立ちます。例えば、Wednesday(水曜日)のスペルを覚えるとき、「ウェドネスデイ」と覚えてしまうとリスニングで足かせになってしまいます。

ポイント

音を重視して覚える

音のルールを理解すれば発音が劇的によくなっていきます。

英会話トレーニング

英語は座学でインプットだけしていても使えるようになりません。DMM英会話のように毎日25分の英会話レッスンを受けられるコースに参加するのはオススメです。1レッスン200円ほど。

教材は、英語の教科書を読むだけのレッスンは自分でできるのでやめましょう。自由な会話や、先生を選ぶことができるDMM英会話はかなりコスパがいいです。特にスクリプトのない教材を使い、自分で下調べをする教材はすごく英語の勉強になります。

オンライン英会話ではカンニングペーパーを用意することができます。パソコンの近くにとっさの一言メモを用意していれば安心してレッスンを続けられます。

ワンポイントアドバイス

「Could you speak more slowly?(もう少しゆっくり話してもらえますか?)」

最初のうちは、このようなかんたんな英語ですら出てこなくなってしまうことがあります。こうした文をいくつも用意しておくとかなりスムーズにレッスンが進められると思います。

そして英作文を作るのが苦手な場合は、ポケトークをうまく活用してみてください。

TOEIC

最後にTOEIC対策です。TOEICではリスニングとリーディングを鍛えることができます。

TOEICの勉強は、体系化されているのでとても学習しやすいです。なにより、資格になり、大きな武器になります。

kazu

以上、英語の効率的な学習法についてでした。
ありがとうございました。