アメリカ人は褒めるのがうまい。これは事実で日本人に比べるとかなり褒めてくれます。

日本でダンスのレッスンを受けているとそこまで褒めてくれませんが、アメリカ人の先生はどんなことでも褒めてくれます。その中でも一番覚えているのが「胴が長くて褒められたこと…」。当時の僕はとっても複雑な気持ちでした笑。今回はこの話をシェアします。

本記事の内容

※3分ほどで読み終わる記事です。

記事を書いているのは…
僕はTOEICを大学生に5年間教えていました。アメリカ留学から帰国したあと英語力を落としたくないと思い、ダンスの仕事と並行していました。英語を教えていて得たノウハウをこのブログでシェアしていきたいと思います。僕の生徒では、大学生で980点が最高です(僕より高い…)。

日本人は褒めてくれない

留学前からプロとしてダンスの仕事をしていましたが、その当時に演出家や振付師に褒められたことはほぼありませんでした。言われるのは「たけだ~~~~~!!」という叫び声…。笑

特に僕は「積真」と書いて「かずまさ」と読みます。下の名前の漢字が難しくて読んでもらえません。あと4文字の人って下の名前で呼んでもらえない。

名字で呼ばれるのも愛がないなー、と思っていたし、僕は注意をよくされるタイプでした。

アメリカ人はすごく褒めてくれる

ダンス留学で胴が長いと褒められる。アメリカ人は褒め上手

それに対し、アメリカ人はとってもフレンドリーに、とっても自然に褒めてくれます。アメリカでは基本的に名前で呼び合うので僕は「KAZU」と呼ばれていました。こんな単純なことなんですが、これでさえ嬉しかったです。笑

アメリカ留学では、先生が全員の前で惜しげもなく褒めてくれることも多々ありました。

僕はダンス学部にいて、大学の授業もダンスのレッスンが大半を占めています。受けていたレッスンは、バレエ、ジャズ、モダンダンスです。特にモダンダンスは日本の持つ伝統的な考えにとても似ている部分があります。

下記の記事でモダンダンスについて解説しています。

モダンダンスでは特に褒められることが多く、日本文化に関して尋ねられることが多かったです。

最初は褒められ慣れていないこともあり「オーバーだな」と思っていましたが、時が経つにつれ「褒める文化もいいな」と思うようになりました。

え、それって褒めてる?

今でもすごく覚えているのがジャズダンスのレッスンでの出来事。僕が受けていたジャズダンスのレッスンでは、上半身の使い方が重視されていました。

上半身は丸めたり、反ったりすることで表現の幅が広がります。例えば、上半身を丸めることで悲しみを表現でき、反ることで自信にあふれた表現ができます。

ある時、先生がすごく僕のことを褒めてくれました。

(先生)「KAZU!! その動きすごくいいよ!! 皆にもぜひ見せて」
ということで動きを再現します。

(先生)「上半身の使い方がすごくイイ」

(先生が無邪気に…)「KAZUは上半身が長いから、すごく良く表現できるね!!」

すると
(クラスメイトも無邪気に)「うん、うん!!確かに!!」

(僕)「(えっ、これって褒められてる?)・・・」

とりあえず皆があまりに嫌味なく、僕の上半身が長いことを褒めてくれました…。それって胴が長いってことなんじゃ…。僕としては、めちゃめちゃ複雑な気持ちでした。

褒められてるか、けなされてるのか…。

とはいえ、褒めている方に嫌味がなければ、素直に嬉しかったです。褒め方ってすごく難しいと思いますが、ただ純粋にイイと思ったことを言葉にする。これが褒めるコツだと思います。

アメリカ留学に行った当初、周りのクラスメイトとの体型の違いにがっくりしました。腰の位置が全然違います。レッスンはレオタードで受ける決まりがあったので、スタイルの違いが一目瞭然です。

でもこの件があってから、けっこう吹っ切れたかな、と思います!!

英語の勉強法を書いています

こういった留学記を読んで英語を勉強したい、と思った方に向けて勉強法を書いています。まずは、初級から中上級までカバーできるTOEICがオススメです。

僕は、アプリで勉強できるスタディサプリ↓をおススメしています。


今回は「アメリカ人は褒め上手」について考えてみました。
どうもありがとうございました!!

【サロン情報】
東京の目黒駅にあるメンズ脱毛サロンの情報は下記からどうぞ。無料相談も受付中!

LINE公式アカウント PEGA メンズ脱毛 Studio 目黒店

【LINE 友達追加での特典】
初回クーポンは LINE のアプリで配布しております。

たけだ