ランニングで発生してしまう活性酸素。身体の細胞を傷つけ老化につながります。

水素は活性酸素に結びつき、無力化させる物質です。

kazu

今回は、老化の原因である活性酸素を化学式(絵で表しています)から見ていきます。

特に善玉から悪玉へ変化する過程がよくわかる内容になっています。

※3分ほどで読み終わる記事です。3分後には、活性酸素のプラス面とマイナス面がわかります。

記事を書いているのは…

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。水素を効率的に身体に吸収できる「スイソニア」で毎日90分水素吸入を行っています。そのおかげか、水素吸入を始めてから風邪知らず!

活性酸素の化学式

ミトコンドリアと活性酸素

人間の身体は37兆とも60兆ともいわれる大量の細胞が集まってできています。そのひとつひとつの細胞の中でエネルギーを生み出しているのが、ミトコンドリアです。

このミトコンドリアのエネルギー源は、呼吸です。そしてエネルギーを作り出すと、同時に不要物が生まれてしまいます。これは火力発電のメカニズムと同じで、電気が生まれる過程で燃えカスが出てきてしまいます。

呼吸で生まれる不要物

細胞の劣化の原因となる「酸化(サビ)」を引き起こす悪玉活性酸素。

二酸化炭素悪玉活性酸素

二酸化炭素
活性酸素:ミトコンドリアが使用した酸素の2%程度が活性酸素に

「二酸化炭素」は自然と口から抜け出ていきます。ですが、「活性酸素」は体内で処理しきれなかった場合、「悪玉活性酸素」に変化し、体中を暴れ回ります。

活性酸素の種類

活性酸素は善玉と悪玉の2種類に分けることができます。

善玉

スーパーオキシド
一酸化窒素
過酸化水素

悪玉

一重項酸素
ベルオキシナイトライト
ヒドロキシラジカル

活性酸素の酸化力(サビさせる力)の比較

活性酸素の酸化力の違い

「ヒドロキシラジカル」の強さは圧倒的です!!

今回は4つ(スーパーオキシド、過酸化水素、一重項酸素、ヒドロキシラジカル)の化学式をご説明します。

スーパーオキシド(善玉)

スーパーオキシド

「O」は酸素原子、「黄色い●」は電子

・酸化力、反応性が低い
・体内に入る異物を撃退する善玉
・ほかの活性酸素は全部このスーパーオキシドから派生

人間の体内で最も大量に発生する活性酸素です。身体への悪影響が少ないと考えられています。ただし他の活性酸素に変化しやすく、毒性の強い悪玉活性酸素になりやすいです。というのもスーパーオキシドは大量に発生してしまうため、処理しきれなかったスーパーオキシドが悪玉活性酸素に変化してしまいます。

過酸化水素(善玉)

過酸化水素

「H」は水素原子

・酸化力は低い
・とても不安定で、わずかなきっかけで2つに分かれ、悪玉活性酸素の「ヒドロキシラジカル」になってしまう。

さきほど紹介したスーパーオキシドが酸化するのを防ぐために、ミトコンドリアはSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)という酵素をつくります。このSODがスーパーオキシドを過酸化水素に変化させます。

「過酸化水素」は実は身近にあり、「消毒剤」「殺菌剤」「漂白剤」として利用されています。ですが、実際に消毒(殺菌)作用を行っているのは、「過酸化水素」から変化した酸化力が強力な悪玉活性酸素の「ヒドロキシラジカル」であると言われています。

その他の効果

・植物を元気にする
・果物や野菜を洗うと汚れや農薬がきれいに落ちる
・堆肥(腐葉土)の熟成を速め、においも軽減
・スポンジやふきんの殺菌
・食器の汚れをきれいに落とす
・家の清掃

一重項酸素(悪玉)

一重項酸素

・紫外線が原因で発生
・酸化力がとても高い

右の酸素原子(O)に電子(黄色い◯)が2個足りないため、一重項酸素は2個の電子を他の物質から強く求める性質をもちます。くっつく物質を探しているあいだ、体内を暴れ回り細胞を傷つけます。

また、紫外線が原因で、肌の皮下組織で発生しやすいと考えられています。

ヒドロキシラジカル(悪玉)

ヒドロキシラジカル

・活性酸素の中で最も反応性が強い
・酸化力が強い
・スーパーオキシドや過酸化水素から発生

kazu

悪玉活性酸素の親玉です。

生活習慣病やがん、老化などを引き起こす最大の原因と言われています。反応性が強いというのは、いろいろな化合物と結合することができるということです。ヒドロキシラジカルが発生してしまったら、活性酸素を除去することができる水素などの抗酸化物質を積極的に取り入れていきましょう。

ただし、体内に影響を及ぼさない化合物と反応することも多く、無害な物質となって排出されることも多いです。

水素は身体のすみずみまで動き回る!

水素は分子の小ささという特性を活かし、身体のすみずみまで浸透し、悪玉活性酸素の除去に奔走しています。副作用がない、というのが大きな特徴です。

参考文献「なぜ水素で細胞から若返るのか」辻直樹著
参考文献『「水素」吸入健康法』橋本勝之著

オススメの水素

水素で健康になる方法は自宅でも手軽に行うことができます。健康食品やサプリメントと同じ感覚です。興味がありましたら下記の記事をどうぞ。

kazu

今回は「活性酸素の化学式」をご紹介しました。
どうもありがとうございました!!