jazz

「ロミオとジュリエット」って有名だけど、どんなストーリー?
初心者でも楽しめる?
見どころは?

超有名な「ロミオとジュリエット」。でも有名すぎて内容までは知らない…、という方も多いのではないのでしょうか?

僕も同じでした…。自分でチケットを買って観に行った最初のバレエ公演は「ロミオとジュリエット」だと思っています。実際に観て「こんな素敵な話だったのか」と感動しました!

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。舞台、特にバレエを観に行くのが大好きで、年間100公演観に行った記録あり。ぜひ男性にもバレエを観に行ってもらいたいと思っています。

U-NEXT 31日間無料トライアル
Amazon Prime 30日間無料トライアル

kazu

今回は初心者でも楽しめる「ロミオとジュリエット」の作品解説です。

※5分ほどで読み終わる記事です。この記事はバレエ鑑賞初心者の方のために書いています。初めて「ロミオとジュリエット」を観ても楽しめるよう映像で予習できるようになっています。バレエではいくつものバージョンがありますが、どのバージョンでもだいたいの話の流れは同じです。今回は世界で1番上演されているマクミラン版の「ロミオとジュリエット」をもとにご紹介します。

初心者のためのバレエ「ロミオとジュリエット」あらすじとポイント

1日目だけがハッピーなたった5日間の恋

盲目的な恋愛ドラマである「ロミオとジュリエット」。たった5日間の恋の話です。

衣装はチュチュを着るキャラクターがひとりも登場しないので、「バレエを観に行くぞ~!!」と意気込んだら肩透かしを食らうかもしれません。衣装は、中世風のドレスを着ています。

kazu

メインの登場人物も多くないので、わかりやすいと思います。

主なキャラクター

ロミオはロメオと表記されることがあります。僕はロミオという響きが好きなので、ロミオで統一しています。

キャピュレット家

ジュリエット
ティボルト:ジュリエットのいとこ
パリス:ジュリエットの婚約者
キャピュレット卿:ジュリエットの父
キャピュレット夫人:ジュリエットの母
乳母:ジュリエットを支える存在
ロザライン:ロミオが一目惚れする

モンタギュー家

ロミオ
マキューシオ:ロミオの友人
ベンヴォーリオ:ロミオのいとこ
三人の娼婦:ロミオと仲がいい

ローレンス神父:結婚をとりしきり、毒を手配する
エスカラス(ヴェローナ大公):ヴェローナを統治

舞台では、キャピュレット家とモンタギュー家の洋服の色分けがされていることが多いです。多いパターンとしてはキャピュレット家が赤、モンタギュー家が緑です。

メインに踊っているダンサーだけでなく、舞台上にいる人達すべて役割があるので、どこを観てもおもしろい舞台です。もし観るべきポイントがわからない場合は照明のライトが当たっているダンサーを追いかけましょう。その人が、シーンの中心人物です。

セリフがないので入りやすい

「ロミオとジュリエット」は熱く燃え上がる恋の話なので、好き嫌いがかなり分かれる作品です。

ですが、バレエ版「ロミオとジュリエット」は、映画や演劇にくらべるとかなり見やすくなっています。その理由は、セリフがないこと。

「当たり前じゃん!」と思うかもしれませんが舞台版には、むずがゆいセリフがたくさん登場します。

むずがゆいセリフ(その1)

「ああ、ロミオ、ロミオ・・・、
どうしてあなたはロミオなの。」

むずがゆいセリフ(その2)

ロミオ:「私は月に誓ってあなたを愛します」
ジュリエット:「やめて。夜ごとに形を変える月なんかに誓うのは。あなたの愛まで移り気に思えるから」

僕の場合、冷めてしまいます…。ですが、バレエ版は大好きで、セリフがないのでストーリーがすんなり入ってきます。踊りだけで表現するバレエは「ロミオとジュリエット」とかなり相性がいいと思っています。

ケネス・マクミラン版「ロミオとジュリエット」

【スタッフ】
振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ

原作:ウィリアム・シェイクスピア

【上演時間】
第1幕:60分
第2幕:35分
第3幕:40分

裏側に関してはこちらの記事をどうぞ。

あらすじ

「ロミオとジュリエット」は、どのバージョンでも基本的に話は同じです。ロミオの年齢は16歳~18歳、ジュリエットは14歳(もしくは14歳になる直前)といわれています。

1日目

モテ男ロミオはロザラインというキャピュレット家の女性に恋をしています。いつもケンカばかりするキャピュレット家(ジュリエット)とモンタギュー家(ロミオ)。この日も騒動が起こり死人まででてしまう始末。ヴェローナ大公はご立腹。

その日の夜、ロミオはロザラインを追ってキャピュレット家の仮面舞踏会に侵入。そこでジュリエットと運命的な出会いをし、恋に落ちてしまいます。結局、ロミオはバレてしまいティボルトはカンカン。ですが、舞踏会という場であったため、追い出されることなくその場は収まります。

深夜、ロミオは再度キャピュレット家に戻ってきます。そこでバルコニーで佇むジュリエットと愛を誓い合うのでした。

2日目

朝方、みんなのもとに戻るロミオ。そこにジュリエットの乳母が手紙を持ってやってきます。そこには「結婚」の文字が・・・。すぐにロミオはジュリエットが待つ教会に駆けつけ、ローレンス神父のもとふたりは結婚します。

ロミオはジュリエットと一度わかれ、再度みんなのもとに戻ります。するとキャピュレット家とモンタギュー家が例のごとくいざこざ。このときティボルトがロミオの親友であるベンヴォーリオを殺してしまいます。これに激怒したロミオがティボルトを殺してしまいます。そして、ロミオはヴェローナから追放されてしまいます。

その夜、ロミオはジュリエットのもとに駆けつけ失意の中、一夜をともにします。

3日目

早朝、ヴェローナに居場所がないロミオは出ていってしまいます。何も知らないキャピュレット家の人々は、ジュリエットに婚約者パリスとの結婚を強要。ジュリエットはローレンス神父に相談にいきます。そこで自分を仮死状態にできる薬を手に入れ、ローレンス神父はジュリエットの伝言をロミオに伝えることを約束します。

4日目

ジュリエットとパリスの結婚を控えるキャピュレット家。朝、ジュリエットの遺体が発見されます。もちろん、これは仮死状態で実際に死んでいるわけではありません。

5日目

ジュリエットの葬儀が行われます。葬儀が終わった後やってくるロミオ。そして、ロミオにはジュリエットからの伝言は届けられることはありませんでした。そのためロミオはジュリエットが死んでしまったと勘違いしてしまいます。

失意の中、ロミオはナイフで自分を刺し、息を引き取ります。その直後、ジュリエットが仮死状態から目覚めます。ロミオに気づくジュリエット・・・。最初は喜ぶものの何かおかしいことに気づきます。ロミオが死んでいることに気づき、ジュリエットもナイフで自分を刺しなくなってしまうのでした。

マクミラン版の「ロミオとジュリエット」は第1幕では1日目を、第2幕は2日目、第3幕が3,4,5日目の話です。

初心者が押さえておくべきポイント

「ロミオとジュリエット」は場面がポンポンと進んでいくので、まずは体力がある状態で観に行きましょう。

ただ、一番元気なときに観られる第1幕が60分なのに対し、集中力が切れやすい第2幕、第3幕はそれぞれ40分ほどのため、観やすいです。

とはいえプロコフィエフの曲は第3幕に向かうにつれ、だんだんゆーっくりになっていきます。そうなると自然と眠くなってしまうので、寝ないように注意しましょう。

拍手は無理にしなくてイイ

ロミオとジュリエットは物語バレエと呼ばれます。

「白鳥の湖」のような古典バレエは、ダンサーが踊ったあとその都度拍手のための時間があります。しかし、物語バレエはお客さんが途中で拍手をしても進行が途切れることなくどんどん進んでいきます。

ちなみに拍手は周りのお客さんに合わせる必要はありません。もし舞台が素晴らしければ、舞台の終わりに出演者が挨拶するカーテンコールに拍手をすれば十分です。

いつ拍手をするんだろう…、と考え始めてしまうと逆にストレスになってしまうので注意です。

ロミオとジュリエットに注目すべし

マクミラン版の「ロミオとジュリエット」はジュリエットの視点で描かれています。そのためキャピュレット家がメインで、ジュリエットの心理の変化が細かく描かれています。

kazu

踊りはロミオとジュリエットが一緒に踊る4つのパ・ド・ドゥ(2人の踊りという意味)が見せ場です。

1つ目は第1幕「舞踏会の間のパ・ド・ドゥ」。舞踏会での出会いのシーンです。情熱的なロミオと、ためらいながらも惹かれてしまうジュリエットの踊りです。周りの視線がまったく気にならないくらい、強烈な初恋を見せつけられるシーンです。

2つ目は第1幕「バルコニーシーン」。第1幕最後に登場する恋の喜びに満ち溢れた踊りです。後半部分は、ふたりで描き出すラインの美しいリフトがたくさん登場します。ふたりの心が溶け合い、高揚しているのが高いリフトで表現されています。

3つ目は第3幕「寝室のパ・ド・ドゥ」。これは3幕の1番最初で踊られます。ティボルトを殺してしまったロミオがヴェローナの街から去る直前の別れの場面です。バルコニーシーンとは対象的に、重力に引っ張られるように重々しいリフトが出てきます。なんともいえない絶望的な気持ちになります。

そして最後は第3幕「墓所のパ・ド・ドゥ」。これは作品の最後、霊廟で踊られます。仮死状態で力が抜けているジュリエットと踊るロミオのシーンです。ロミオの深い絶望に涙してしまうシーンです。

この4つのパ・ド・ドゥでは同じ振付や同じ旋律が登場します。前半のパ・ド・ドゥは幸せですが、後半は悲しみにあふれています。悲しい踊りに前半の幸せにみちた振り付けが入っていることで、より悲しみが増します。同じ振付なのに、喜びと絶望が表現できるマクミラン。マクミラン版が評価されているのはこういう理由があります。

ここからは、それぞれの幕の見どころです。

1幕:ソフトバンクとバルコニーシーン

1幕で話が動き出すのが、25分からはじまる仮面舞踏会のシーンです。このシーンにキーパーソンが全員登場するので要チェックです。

kazu

舞踏会のはじまりの曲はソフトバンクのCMでもおなじみの曲なので、「おっ!!」となると思います。

バルコニーシーン

9分ほどのシーンで、「ロミオとジュリエット」最大の幸せなシーンです。こから先はどんどん悲劇に転がっていくので、これが最高潮だと思ってみると見方がだいぶ変わると思います。


(アレッサンドラ・フェリとフリオ・ボッカ。僕が観た中で一番感動したバルコニーシーンです。)

kazu

このバルコニーシーンに好感を持てた場合は、「ロミオとジュリエット」がお気に入りの作品になる可能性がすごく高いです。

もし、そうじゃない場合は、合っていないかもしれないです…。

第2幕:マキューシオとティボルト

第2幕の20分ほどからがポイントです。ロミオの片腕マキューシオと、ジュリエットのいとこであるティボルトが死ぬシーンです。

ティボルトに殺されるマキューシオ。ロミオに殺されるティボルト。この緊迫感あふれるシーンは目が冴えると思います。ふたりの死により、急激に悲劇へと転がり落ちていく重要なシーンです。


(ロミオ:マシュー・ボール、ディボルト:ギャリー・エイヴィスのリハーサル映像)

第3幕:ジュリエットの心の動き

3幕はロミオとジュリエットの別れのシーンからはじまります。ふたりが別れたあとは、もうお互いに生きている状態で会うことはありません。そして、ロミオは最後のシーンまで登場しません。

ここからはジュリエットの視点で描かれていきます。

ジュリエットの心の流れ

ジュリエットがロミオを見送る
→パリスと無理やり結婚させられそうになり全力で拒否
→ローレンス神父に相談し、仮死状態の薬を手に入れる
→パリスとの結婚を承諾したかのようにみせる
→仮死状態になる薬を飲む

この一連の流れは、踊りを超えてまるで演劇を観ているかのようになります。ただ、気を緩めると眠くなってしまうので注意してください。

そして最後はすれ違うふたりの悲しい別れによって、とても静かに、とても重く、幕が閉じていきます。

感動的なカーテンコール

通常の出演者が登場するカーテンコールもあるのですが、幕が閉じた後ロミオとジュリエットだけがまず挨拶します。

kazu

このカーテンコールがあるおかげで余韻にひたることができます。

こちらはマクミランのミューズで「踊る舞台女優」といわれるアレッサンドラ・フェリのDVD。アレッサンドラ・フェリのジュリエットは何度も見ました。40歳を超えたときも本当に少女のようでびっくりしたのを覚えています。

2020年春、映画館でバレエ版「ロミオとジュリエット」が公開されています。舞台版よりも短くなっている映画版。大掛かりなセットにより、かなり内容がわかりやすいので、まずはこの映画版をみるのもオススメです。

ネットでダンス三昧

豊富なコンテンツ量をもつ「U-NEXT」と「Amazon Prime」を駆使するとダンス作品もあります。

U-NEXT 31日間無料体験を試す
U-NEXT30日間無料体験

Amazon Prime 30日間無料体験を試すamazon prime 30日間無料

kazu

本当に5日間のドラマをみているような気になるロミオとジュリエット。

僕も今まで何回見たかわからないくらい見ていて、バルコニーシーンだけでも満足度が高いです。ぜひドラマティックバレエを堪能してみてください!

ありがとうございました。