日本でTOEIC高得点のスコアを持っていると、資格として有利です。ただし、TOEICで高得点を取るのはそう簡単ではありません。

kazu

「英語学習アプリのスタディサプリを使って本当にTOEICの点数は伸びる??」

今回は、5年間TOEICを教えていた僕が分析します。

※5分ほどで読み終わる記事です。スタディサプリの活用法がわかります。スタディサプリを実際に使ってみると、僕が教えていたときと同じ方法がたくさんありました。

この記事を書いているのは…

僕はTOEICのスコアを905点持っていますが、TOEICの勉強は英語を教え始めてから。TOEICはビジネス英語の試験です。教えている以上TOEICのスコアがほしいと思い、905点をとりました。そのスコアで満足してしまいそれ以降テストは受けていません。僕の生徒では、大学生で980点が最高です(僕より高い…)。

スタディサプリでTOEIC800点以上を目指す

スタディサプリは「解答のコツ」と「演習」をたくさん重ねることでスコアがあっという間にアップします。

今回はこの2点をじっくり考えます。

TOEICで高得点を取るのは難しい?

kazu

TOEICは990点満点のテストです。

そのうち800点以上をとると高得点の仲間入りとなります。

2018年TOEIC(LR)のスコア分布

2018 Report on Test Takers Worldwide: TOEIC Listening and Reading Test

795点以上は、全体の12.9%です。これを難しいととるか、簡単ととるか。

特に英語初心者が800点以上まで到達するにはかなりの時間がかかります。とはいえ、300点台だった人もTOEICのコツを知ると700点代までは比較的かんたんに到達できます。

解答のコツを知り、演習を重ねる

TOEICで高得点をとるには英語力が必要です。ですが、それと同時に解答のコツを知っておく必要があります。そして、そのコツを使ってガンガン問題を解いていきます。すると解答のコツが身につき、TOEIC本番で実力が発揮できるようになります。

kazu

スタディサプリだと、「解答のコツを知ること」と「演習」の2つが同時に行えます。

「先読み」って知ってる??

TOEICリスニングで高得点を取るために、絶対知らなければいけないテクニックが「先読み」です。「先読み」をしないと高得点は無理です。

問題文を先に頭に入れる

kazu

TOEICのPART3とPART4はリスニングの長文問題が出てきます。

このパートでは文章が1回だけ読まれ、3つの設問に解答をします。3つの設問は4択となっています。

TOEICリスニングPART3,4、設問の先読み

実際の問題では、写真のように設問と選択肢が問題用紙に載っています。ただし、読まれる文章は書かれません。そして書き込み不可となっています。

先読みの方法

TOEICリスニングのテクニック「先読み」

先読み

先に設問と選択肢に目を通すという方法

➀ 15秒で3問を解答
➁ 21秒で次の問題文3つとそれぞれの選択肢4つに目を通す

先読みをするためには、素早く解答を終わらせる必要があります。すると、残った時間を次の問題文と選択肢に目を通す時間にあてることができます。

PART3とPART4の最初だけ、40秒ほど説明の時間が入ります。この時はチャンスタイムなので、できるだけ先の問題まで読んで貯金を作っておきます。

スタディサプリの映像授業

スタディサプリでは「解き方のコツ」を教えてくれる映像授業があります。その名も「パーフェクト講義」。「先読み」のようなテクニックを教えてくれる講義です。

kazu

TOEIC満点(990点)を持っている関先生が講師で、口コミサイトでは「神授業」と評判です。

僕は「先読み」をするとき律儀りちぎに選択肢を読んでいました。ですが、関先生は問題文だけ読む方法を教えていました。なのでこのやり方に変更しました。こっちの方が僕に合っていました。

何よりうれしいのは時間です。動画は、1テーマ=1動画。全ての動画が5分前後の細切れになっています。

アプリで勉強しているとついついLINEやらyoutube、他のことに目が移りがちです。でも5分授業であれば集中力が切れません。スタディサプリを試してみる

演習がたくさんできる

TOEICの勉強法で一番いいのは、実際の問題で演習する方法です。そして、復習をすることでさらに効果が高まります。

スタディサプリで演習を重ねる

スタディサプリでの勉強法

講義→演習→解説→さらに演習

これで解答のコツが頭に定着します。

そして何度も何度も演習を重ねることで、解答のスピードが上がります。

実戦問題集&実戦問題集NEXTでは、リスニング100問+リーディング100問の模試形式で受講できるようになっています。

スタディサプリの最大の特徴は、問題が毎月更新されること。TOEICは時間内には解き終わらないように設計されているので、演習を重ね、スピードを上げるのはとても大切です。

コンテンツがとにかく豊富

スタディサプリには「解答のコツ」を教えてくれる映像授業や、問題演習の他にもたくさんコンテンツが入っています。

そのほかのコンテンツ

①単語の勉強ができる「TEPPAN英単語」
・・・レベルが4つにわかれていて、合計1500語のTOEIC単語が習得できます。

②「パーフェクト講義 英文法」
・・・関先生の映像授業でTOEICに必要な英文法を学べます。

③「基礎英文法」
・・・これは一番新しいコンテンツで、初心者向けの動画です。中学レベルが危うい方へ向けた英文法の解説動画となっています。

800点代まではスタディサプリでOK

スタディサプリは初級から中上級までの人が合っています。800点を超えるとコンテンツが物足りなくなってくるかもしれません。

kazu

800点を超えるまではスタディサプリでまったく問題ありません。

まずTOEICの形式に慣れたり、「解答のコツ」を覚えることが何より大事です。

900点以上を目指す

➀単語力を増強する
➁公式問題集をひたすら解く

スタディサプリでも公式問題と同じような問題を解くことができるので、スタディサプリを持っている場合は購入する必要はありません。

TOEIC協会が出版している唯一の問題集が、公式問題集(3,000円ほどで2回分)です。

自分の予想スコアを客観的に出すことが出来、CDもついています。公式問題集をひたすら解き直し、語彙力を増強していけば900点を超えることができます。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースとは?

TOEIC対策コース

料金  ・・・月額2,980円
講師  ・・・関正生さん
無料体験 ・・・1週間

PC、スマートフォンで利用可

※無料期間のうちにいつでもネットで即解約できます

現在はキャッシュバックキャンペーンを行っています。


デメリットは?

スタディサプリでのデメリットがあるとすれば、アプリの環境面です。音声がうまく再生されなかったり、表示されている文字が小さすぎて読めないということも起こっています。

ただスタディサプリでは、無料期間があるのでこの期間でお試しすることができ、いつでも解約ができます。

kazu

TOEICの勉強を始めたいけどどこから始めたら良いかわからない場合、スタディサプリはすごくオススメです!!

以上、スタディサプリの紹介でした。どうもありがとうございました。