このサイトでよく検索されるワードが「VIO脱毛、写真」です。写真は載せていなかったのですが、今回は写真も載せて紹介していきたいと思います。

kazu

今回は「VIO脱毛のデザイン」に関してです。

※3分ほどで読み終わる記事です。最近注目されるメンズVIO脱毛のトレンドをご紹介します。

記事を書いているのは・・・

僕は資格を取得し自分でもサロンを運営しています。サロンの運営をしながらも数多くのサロンに足を運び研究しています。

男性のVIO脱毛のデザインと写真

VIO脱毛が人気?

男性のVIO部位のアンケート

メンズ情報サイトMOTEO

実は男性もVIO部位を定期的に処理している人が多くなっています。若い人だけかというと、そんなことはあまりせん。

最近はOラインの脱毛が男性全般に人気です。その理由は、将来の介護に備えてというもの。

あとは単純に女性ウケがイイというのもあります。清潔感はモテる条件です。

理由はどうあれ、VIOをキレイにする快適さから処理を続ける男性が多くなっています。そして、VIOの処理を続けていると必ず頭に浮かぶのが「脱毛」です。

VIO部位に関しては「ブラジリアンワックス」「光脱毛」「レーザー脱毛」が人気です。ブラジリアンワックスを行っている人も最終的に「光脱毛」「レーザー脱毛」に到達するケースが多くなっています。

VIO脱毛のデザインは自分で決めるべし

kazu

もちろんサロンのスタッフに相談してもいいんですが、イメージは持っておいた方がいいです。そうじゃないと、サロンでは一番無難なデザインになってしまいます。

例えば、ローライズのアンダーウェアが好きならばそのラインに合わせたり、競泳水着を着てトレーニングする場合は、そのデザインに合わせた方がいいと思います。

男性の場合、Iライン(陰茎、陰嚢ふくむ)とOラインを完全になくし、Vラインをデザインするケースが多いです。そしてヒップも一緒に脱毛するとさらに清潔感があります。

また、VIOまわりだけスッキリしていると少し不自然になってしまいます。

kazu

ここからイラストと写真でがっつり紹介するので、あまり見たくない場合はここでお別れです。

VIO脱毛では太ももやお腹も同時に処理したほうがイイ

青ラインの内側の太もも上部とお腹も同時に処理するととても自然に仕上がります。緑に囲まれている部分に関しては薄くすると、すね毛~太もも~VIO部位がかなり自然になります。下記の写真のようなイメージです。これはすね毛が濃い方に有効なやり方です。

メンズVIO脱毛スタンダード型

そして、全部なくすことを希望する男性は、VIO脱毛希望者のうち20%ほどもいます。全部なくすVIO脱毛をパイパン(語源は麻雀牌の「白」)といいます。ただ、全部無くしてしまうと温泉などに行くのが気まずいというパターンが出てきます。

こうした実際の生活のことを想像しつつデザインを慎重に考えてください。

ここからは参考になるよう、男性に合ったデザインをご紹介します。

スタンダード型

メンズVIO脱毛スタンダード型
メンズVIO脱毛スタンダード型

 

整えていることがわかる程度の印象を与えます。自然な形で、下着からはみ出さないデザインです。お腹、足のつけ根を一緒に処理する方が多いです。

別の形に変える対応もしやすい形です。

ローライズ型

メンズVIO脱毛ローライズ型
メンズVIO脱毛ローライズ型

1番人気のデザインです。少し浅めのローライズのアンダーウェアにラインを合わせます。体毛の量が多い場合、全体の毛量をおさえるために、2~3回全部そってから全体に照射します。全体の毛量が減ることで自然な毛量になります。

足のつけ根から陰茎の横までの毛を一緒に処理する方が多いです。

ビキニ型

メンズVIO脱毛ビキニ型
メンズVIO脱毛ビキニ型写真
メンズVIO脱毛ビキニ型写真2

男らしさが強調されるデザインです。

陰茎を軸にV字に伸ばしたデザインです。まず一度全部剃り、2~3回全体に照射します。全体の毛量を減らしてから、ビキニ型に調整することでナチュラルな毛量になります。

ボックス型

メンズVIO脱毛ボックス型
メンズVIO脱毛ボックス型1
メンズVIO脱毛ボックス型写真

陰茎の上を四角にするデザインで、足をスラッと長く見せる効果があります。

個性的なデザインのため、いきなり幅を小さくせずに、ある程度余裕を持った幅からはじめるのがおすすめです。

ツルツル(パイパン)型

メンズVIO脱毛パイパン型
メンズVIO脱毛パイパン(ツルツル)型写真

すっきりしたデザインで、陰茎を大きく見せる効果があります。

実は脱毛している男性の20%が、ツルツル型を選択しています。筋トレをしている人にとても人気のあるデザインです。

パイパンにしてから脱毛

Vラインの脱毛では最初の数回パイパンにしてから全体的に照射するケースが多くなります。こうするとVラインの量を減らすことができます。

そして、パイパンの場合、照射漏れがほとんどないというメリットがあります。Vライン脱毛では自己処理をしてからサロンに向かいます。実は、処理が甘くなってしまう男性が多く、処理が甘いとその部位を打ってもらえないことがあります。

特に、Vラインの範囲を狭くデザインする場合は、思い切ってパイパンに剃ってしまう方がキレイに照射してもらえます。また陰茎を打ちたい場合、Vラインが残っていると根本部分が照射できないケースが出てきます。

こうしたこともあり、脱毛を受ける時パイパンすると、スタッフに喜ばれます。

まずは剃ってみる

いきなり脱毛する前に、まずは自己処理からはじめるといいと思います。まずその状態に満足できるか、快適か判断してください。

自己処理の場合、陰毛はふつうに生えてきてしまうのでチクチクしてくると思います。そのため小まめに処理する必要がでてきます。VIOラインがない状態が快適であれば、ぜひ脱毛サロンに行ってみてください。

kazu

VIO脱毛は痛いです。

VIOの部位は、ヒゲと同じくらい痛みを感じやすい部位です。ブラジリアンワックスとレーザー脱毛は、かなりの痛みがともないます。

サロンでの光脱毛でもVIO部位は効果が出ます。そのため、サロンからはじめてみるのがおススメです。

以上、メンズVIO脱毛のデザインを決めたい男性へ向けた記事でした。
どうもありがとうございました!