ヨガに興味がある男性が増えています。

kazu

僕もその一人です。

女性向けのレッスンが多いですが、男性も参加できるレッスンが増えてきました

「ヨガが身体に良いのは知っているけど、具体的に何に良い? レッスンはどこで受けるのがいい?」という疑問にお答えします。

※3分ほどで読み終わる記事です。今回はヨガの良い点5つと、レッスンを受けに行く方法をご紹介します。

記事を書いているのは…

元劇団四季、テーマパークダンサー。30分のショーから2時間の舞台まで出演回数は5,000回は軽く超えているんじゃないかと思います。レッスンを受けるのが大好きで、ひたすら踊りまくっていました。今もレッスンは継続中でフリーのダンサーとして活動中です。

男性にヨガをオススメする5つの理由。はじめる方法と健康効果

ケガや痛みから解放される

ヨガは健康に良いとされています。では具体的などのような効果があるのか、という調査がアメリカでありました。

ヨガによりケガや痛みが減少した部位は?

Yoganatomy.com

ヨガを続けることにより、身体のケガや痛みが解消されています。最近はプロ野球選手なども積極的にヨガのトレーニングを取り入れています。

kazu

女性よりも男性の方がヨガの効果が高いんじゃないか、と思っています。男性の方が女性よりも身体が大きく、日々おもい体重を支え続けています。そのため、男性の方が身体に負担がかかっているケースが多くなるためです。

僕はダンサーとして固いコンクリートの上で一日中踊っていました。足が痛かったんです、ヨガを取り入れるようになってケガが激減した経験があります。

健康に良いヨガ。ここからは5つの効果をピックアップしてご紹介します。

筋肉量アップ

筋トレはもはやブームではなく、定番になりました。

自宅やジムで筋トレしている人が増えています。筋肉量アップを目指している方は、ダンベルやバーベルで高負荷をかけていると思います。ですが、高重量を持ち上げるのはなかなか大変です。

kazu

ヨガのような体幹トレーニングをすると「あら不思議」、高重量が持ち上がるようになります。

体幹で重要になるのが「丹田」です。

「らんまと良牙のシーン」をご紹介。らんまより弱かった良牙が、丹田を鍛えることで一気に強くなりました。小指一本でらんまを飛ばしてしまいます。笑

丹田を鍛えるとパワーが増幅されます。丹田を意識できるようになるとバーベルやダンベルで高重量を挙げることができるようになり、パンプアップにつながります!!

ちからが効率よく伝わる

体幹が強くしっかりしていると、ちからが効率よく伝わります。すると高重量もサラッと挙げられるようになります。

kazu

華奢なバレリーナが力持ちであることはご存知でしょうか?

こちらの記事でバレリーナの小林ひかるさんがデッドリフトで約60kgを持ち上げている写真が載っています。小林さんは去年引退されましたが、現役時代はたぶん体重40kgないんじゃないかと思います(たぶん)。

バレエは意外にアクロバティックで、リフトがたくさん出てきます。リフトとは、女性が男性に持ち上げられることです。男性がすべてを持ち上げてくれると思いきや、実際は女性自身が自分の体重を支える場面も多々出てきます。

例えばこのようなリフト。

この投稿をInstagramで見る

 

@syltreninstaがシェアした投稿

シュワッチ!!
これは男性ダンサーが確かに持ち上げているんですが、女性ダンサーも自分の体重をしっかり腹筋でコントロールしています。

次は、変わり種のリフトです。

この投稿をInstagramで見る

 

@syltreninstaがシェアした投稿

これは、男性が女性に手を触れずグルグル回ります。支えているのは女性の腕のみ。女性は自分で体重全部を支えるとともに、遠心力の負荷がプラスされています。

こんなに細いバレエダンサーのどこにその力が隠れているかと言うと、体幹です。バレエダンサーはとにかく体幹が強いです。

ヨガはポーズを長くとることが多く、体幹をしっかり鍛えることができます。

柔軟性がつく

ヨガで柔らかくなりたいと思っている人は多いと思います。

後ろでIアイ字バランスをしているのが僕です。

イスの上でI字バランス

Y字バランスではなく、もう少し難しいIアイ字バランスです。パイプ椅子の上で何も支えがない状態なので、腹筋をかなり使って軸足を支えています。

このようにIアイ字バランスを行う場合、体幹が非常に重要です。もし、左足の股関節に余計な力が入っていると足が135°あたりで強く引っかかってしまい、135°以上足を上げることができません。

足を180°上げるためには股関節の力を抜く必要があります。股関節の力を抜くことで、足が自由に動くようなります。体幹に力が入っていると、股関節の力を抜いてもバランスを崩すことなく足を上げられるようになります。

kazu

柔軟性を高めるためには体幹部分はしっかり力を入れつつ、柔軟性を高めたい部分の力を抜くことが重要です。

うまく力が抜けると可動域が広がるようになります!!

ヨガではY字バランスからI字バランスのポーズも出てきます。ヨガを続けるとI字バランスができるようになります。さらなるステップアップは上げた足をキープできるようになります。(youtubeの映像をご紹介。ここまで行けたらモンスター級です)

精神的に安定

ヨガは瞑想から始まり、瞑想で終わります。マインドフルネスの効果が証明されているように、疲れた脳が一旦リセットされ、心のエネルギーがチャージされます。

マインドフルネスとは?

アップルやグーグルなどの有名企業が作業効率アップのためにマインドフルネス瞑想を導入したことで知名度が高まりました。瞑想の一種で、「今ここにあるもの」に意識を向ける方法です。

医療や福祉の現場でも取り入れられ、心がリラックスされることが証明されています。

また、ヨガでは「偏った自律神経を本来の波を取り戻す」という目的のポーズがあります。ポーズをとることで身体の疲れや緊張を、リラックス状態に戻していきます。

そして、ヨガは集中しなければポーズが行えないため、集中力がつきます。特に難しいポーズは体幹トレーニングになるだけでなく、集中しているうちに頭がカラッポになります。気づくと心配事がどこかへ行き、精神的に安定した貴重な時間を作ることができます。

疲れにくくなる

体幹の働きが強くなると、身体機能が向上し、内臓機能が活発になります。

それだけでなく、日常的な動作はもちろん、スポーツにおいても、より軽やかに効率的に動けるようになります。

kazu

また、ヨガは呼吸を大切に行います。呼吸が整うと、全身に酸素がいきわたります。

普段の呼吸も深くなり、日常生活がよりスムーズに送れるようになっていきます。

以上ヨガの5つの効果をご紹介しました!!

ヨガのレッスンを受けるには?

ここからは男性がヨガのレッスンを受ける3つの方法をご紹介します。

オンライン
  • 初心者向け

  • 好きなタイミングで受講可能
スポーツジム
  • 初心者向け

  • 女性の参加率が高い
    男性でも参加しやすい
専門スタジオ
  • 初中級~

  • 女性が90%以上のことも
    本気じゃないと浮く

kazu

いきなり本格的なレッスンスタジオに行くのもいいのですが、僕はスポーツジムにあるレッスンに参加するのをオススメします。

ジムのレッスンであれば男性も多く、不審者扱いされづらいです。特に習い始めはキョロキョロしてしまうことも多くなるので注意が必要です。

ヨガは本格的になればなるほど、男性も女性も服装が際どくなっていきます。僕が本格的なヨガスタジオに行っていた頃、男性でビキニパンツ1枚で受けている人もいたくらいです。

女性は、肌が見えるようにギリギリのウェアを着ている方も多くなります。上手い人を見てしまうのはしょうがないんですが、ジロジロ見すぎてしまうのはNGです。とくに女性からは気持ち悪がられてしまうと思います。ヨガのスタジオは女性の利用者が90%以上で、男性は肩身の狭い状況です。

kazu

僕の場合、女性よりも身体が柔らかいことが多く、レッスンに慣れているので真剣にやっていると思ってもらえます。ちなみに僕は厚着派です。

身体が固い男性がいきなり本格的なレッスンに行ってしまうと、ほとんど動けず終わってしまうことが多いです。ですので、レッスンに慣れてから本格的なスタジオに行くことをオススメします。ジムのレッスンは男性でも気軽に参加できます!

まずはオンラインレッスンから

身体が固すぎる男性、レッスンについていけなさそうな男性は身動きが取れなくなってしまうので、自宅でレベルアップしてから行くのが得策かもしれません。ヨガは、スペースが1畳分あればできます。

ただし、自己流でやってしまうのはNGです。間違った方法でポーズを取ると効果がなくなってしまいます。

ヨガのレッスンは流れがあり、最適なタイミングで最適なポーズを取れるように設計されています。そのためオンラインレッスンがオススメです。

そしてそもそもヨガが自分に合っているかはやってみないとわかりませんが、オンラインであれば気軽に試すことができます。慣れてから本格的なスタジオへ行くと、かなり充実したヨガライフが送れると思います!!

kazu

今回はヨガの良い点5つと、レッスンを受けに行く方法をご紹介しました。
どうもありがとうございました!!